Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国、日本、韓国の三カ国首脳会議。 東アジア経済、安定に有益な協力:専門家

中国、日本、韓国の三カ国首脳会議。 東アジア経済、安定に有益な協力:専門家

韓国、ソウルの眺め 写真: VCG

長らく停滞していた中国、日本、韓国の3カ国首脳会談に向けて最終準備が進められているが、東アジアの経済と安定には3カ国の協力が極めて重要であると専門家らは述べている。 緊張を和らげ、協力を促進する機会。

韓国外務省は土曜日、5月26、27日に韓国、中国、日本と3者会談を開催する方向で最終協議中であると発表した。 同省当局者は、3カ国が「すべての当事者にとって都合がよい限り速やかに」会合を開催することで合意したと述べた。

韓国の聯合ニュースによると、現在の中心は韓国であるため、中国の李克強首相と日本の岸田文雄首相はソウルを訪問し、尹錫悦大統領と会談する予定だ。

中国外務省の毛寧報道官は11日の定例記者会見で、中国は中日韓の協力を重視しており、三者が協力して首脳会談の条件を整えることを期待していると述べた。 毛沢東首相は、会談の準備のために韓国と日本との連絡を維持する用意があると述べた。

日本の岸田文雄氏は土曜日の記者会見で、今後の三者協議への支持を表明し、会合の準備に関する調整は継続すると述べた。

別の展開として、中国と韓国の外務省は、三国首脳会談に先立って韓国のチョ・デユル外相の中国訪問に向けた具体的な日程を調整する最終段階に入っているとメディアが報じた。

遼寧省社会科学院の研究員ルー・チャオ氏は月曜日、環球時報に「中国、日本、韓国の協力は東アジアだけでなく国際社会にも多大な利益をもたらしている」と語った。

呂氏は、特に経済面で三国間の協力と共通理解を促進することが関係者全員の利益になると述べた。 「これは3カ国の他の分野で強力な合意を構築するための入り口だ」と同氏は述べた。

ジャパンタイムズ紙によると、三者協議は人的交流、経済貿易、公衆衛生、平和と安全保障を含む6分野をカバーするものとみられ、成果文書が発表される見通しだという。 二国間交渉も行われる可能性がある。

三者協議は2019年12月に中国南西部の四川省成都で最後に開催された。 長期にわたる停止は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックと、中国による封鎖強化といった両国間の政治的・外交的対立の結果である。 韓国と日本のテクノロジー産業について、ルー氏は指摘した。

専門家らは、三カ国会合が予定通り開催されれば、東アジア諸国に前向きな発展をもたらし、地域の平和と安定に貢献するだろうと述べた。 しかし、両首脳はまた、日本と韓国が米国主導の小さなサークルに積極的に参加して中国と対峙する中で、克服すべき政治的・外交的課題が依然として残されているとも警告した。

ルー氏は、日本と韓国は会談を通じて三国間の現在の外交的緊張を緩和する機会を活用すべきだと述べ、経済協力は信頼を高め、より強い関係を構築するための出発点となるだろうと付け加えた。

「三者は共通の利益を特定し、生産的な議論を促進し、将来的にさまざまな分野での協力強化を促進するために、重要な問題について合意に達するために協力する必要がある」とルー氏は述べた。

READ  日本 27-39 アルゼンチン:プーマスがスリリングなウェールズ準々決勝をお膳立て