Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国、日本、韓国の保健大臣が4年ぶりに年次会合を再開し、今後の協力について共同声明を発表。

中国、日本、韓国の保健大臣が4年ぶりに年次会合を再開し、今後の協力について共同声明を発表。

中国 日本 韓国 ファイル画像: CGTN

中国、日本、韓国の保健大臣は日曜日に中国の北京で会合し、2019年以来初めて対面での協議を再開し、三国は感染症への対応と将来の協力に関する共同声明を発表した。

第16回三カ国保健大臣会合では、中国、日本、韓国の保健協力の成果が検討された。 このフォーラムでは、感染症による健康上の緊急事態への備え、草の根の医療システムの強靱性の強化、国民の医療保険の拡充、高齢者介護サービスの強化などの分野における三国の実践や経験についての深い意見交換が行われた。公衆衛生。 エージング。 会合では、これらの分野における三者間の協力の見通しについても議論された。

会合では共同声明が承認され、その後中国、日本、韓国の3者は保健分野での協力に関する覚書に署名した。

中国国家衛生健康委員会の李海超副部長も会議に出席し、日韓の保健当局者らと会談し、日韓保健協力に関する覚書や高齢者ケア実施計画に署名した。日本との協力により、感染症対応、非感染性疾患の予防と制御、デジタルヘルスケア、高齢者ケアなどの分野での協力を強化する。

中日韓保健大臣会合の三国間メカニズムは2006年に設立され、三国が順番に主催する。

この会議には、中国、日本、韓国、世界保健機関の西太平洋地域の保健当局、中日韓三国協力事務局から60名以上の代表が参加した。

READ  軌道上での新しいヨウ素ベースのプラズマスラスターのテスト