Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国、日本、韓国は採用のハードルに直面している – OpEd – Eurasia Review

中国、日本、韓国は採用のハードルに直面している – OpEd – Eurasia Review

東アジアにおける出生率の低下により、この地域の軍隊が将来的に兵力レベルを維持できるかどうかについて懸念が高まっている。 その結果、中国、日本、韓国は出生率向上プログラムに多額の投資を行ってきたにもかかわらず、採用基準を変更しつつある。 しかし、一部の専門家は、テクノロジーの進歩が人口減少の影響を相殺できると信じています。

東アジアの出生率は世界で最も低く、中国は1.0、日本は1.2、インドは2.12、韓国は0.72となっている。 日本はすでに「超高齢化」社会を迎えており、中国や韓国も急速に追いつきつつある。

韓国の状況

韓国は健常な男性全員に18か月の兵役を義務付けており、約50万人の現役兵士がいる。 しかし専門家らは、この国の出生率が世界で最も低い部類に入る極めて低いため、将来的にこの権力を維持する上で問題が生じるのではないかと懸念している。

ニューズウィークコム 12月の名言 CNN 昌明大学国家安全保障教授チェ・ビョンオク氏によると、報告書は、将来はすでに決定されており、軍の規模を縮小することは当然の結論であると述べている。 韓国の文在寅前大統領率いる政府は兵役義務を18カ月に短縮したが、最近では女性にも兵役が義務付けられるのではないかとの憶測が流れている。

中国の状況

台湾のトップ国防シンクタンクである国家安全保障研究院の研究員、スー・ツーユン氏は、若い世代がより早く兵役を終えて早く働けるよう、兵役期間をさらに短縮できる可能性があると示唆した。 ニューズウィーク スー氏は、人口高齢化の影響がこれら 3 か国で異なる形で現れると述べています。

中国の最大の問題は、貿易戦争と人口ボーナスの喪失によって悪化する経済危機だろうと同氏は述べた。 一方、韓国と日本は軍の配備において課題に直面するだろう。 スー氏は、この問題は主に通常軍に影響を与えると指摘した。 特殊部隊は規模が小さく、専門意識が強いため、人員不足の影響を大きく受けません。

世界最大の軍隊を擁する中国は、身長、体重、視力などの採用基準を緩和した。

日本の状況

チュー氏によると、日本の軍隊は志願兵に依存しており、それが日本の状況をさらに困難にしているという。 ジャパンタイムズ 日本の自衛隊への入隊希望者数が過去10年間で約30%減少したと11月に報じられた。

2022年の入隊者数は4,000人未満で、予想採用数の50%以上に満たない。 自衛隊は2018年に新入隊員の上限年齢を26歳から32歳に引き上げたが、依然として定員増には苦戦している。

ワシントン大学政治学・国際研究教授のアンドリュー・オロス氏は、戦略国際問題センターのインタビューで、中国経済は日本や韓国ほど進んでいないと説明した。 その結果、人々が軍隊に参加するために仕事を辞めると、教育を受けられず、健康状態も悪化することがよくあります。 これらの労働者は、より教育を受けたより健康な個人に置き換えられます。 ニューズウィーク 報告します。

その結果、大きな経済成長が期待できます。 オロス氏によれば、たとえ労働力が少なくても、より大きな経済生産が可能であり、中国が自国の兵器庫として計画している先進兵器を購入できるようになるという。 同氏は、人口問題にもかかわらず、中国はより先進的で有能な軍隊の構築に長年取り組んできたと指摘した。 同氏は、中国が先端技術に注力しているのは人口動態の要因によるものではなく、米国に匹敵する軍隊を保有する計画があるためだと考えている。

東京とソウルは兵役対象者の数に迅速に対応している。 オロス氏によると、このため省力化技術への投資を増やすよう促されており、人口動向は2050年までは軍事防衛に影響を与えるが、それ以降は影響しないと予測している。

オロス氏は、グレーゾーンやサイバー作戦の台頭など、戦争の本質が進化していることを強調した。 同氏は、省力化技術の潜在的な利点を指摘し、「人口決定論」の罠に陥らないよう研究者らに警告した。

READ  中国に関しては、日本は米国とともにアジアを離れているようです。