Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国、韓国、日本が健康に関する覚書に署名

中国、韓国、日本が健康に関する覚書に署名

中国、日本、韓国の保健当局者は日曜日、保健協力に関する初の包括協定に署名し、三国間の将来の協力の方向性と主要分野を定めた。

この覚書には、中国国家衛生健康委員会の李海超次官、日本の厚生労働次官大島一博氏、韓国の保健福祉省のパク・ミンス次官が署名した。 北京での第16回三者保健大臣会議での協力。

この覚書には、包括的な保健協力をさらに深め、それぞれの保健分野の発展を促進し、地域および世界の健康安全保障にさらに貢献することが盛り込まれている。

この会議は「より健康で安全な未来に向けて協力する」というテーマを中心に展開され、感染症の蔓延を背景とした公衆衛生上の緊急事態への備えに関連する戦略や経験について三か国間の交流が促進された。 同氏はまた、一次医療制度の強靱性の強化、国民皆保険の強化、高齢者ケアサービスの強化、健康な高齢化を確保するための対策の改善も求めた。

ズザナ・ジャカブ西太平洋地域局長代理とリー・ヘ事務総長を含む、3か国の保健省の代表者60人以上とWHO西太平洋地域事務所と三カ国協力事務局の関係者が出席した。 – 三者協力事務局の支援。

三者保健大臣会議の仕組みは2006年に設立され、三国が交代で会議を主催することになった。

READ  シカゴは、予防接種の状況に関係なく、すべての居住者が屋内でマスクを着用することを推奨しています-NBCシカゴ