Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国とのデカップリングプロセスが激化する中、日本は台湾のチップ企業をさらに受け入れている

中国とのデカップリングプロセスが激化する中、日本は台湾のチップ企業をさらに受け入れている

最近のロイターの報道によると、日本の半導体産業活性化への継続的な取り組みが、より多くの台湾企業の進出につながっているという。 岸辺にはチップ企業もいる。

これらの企業はTSMCの新工場の支援に興味を持っており、日本部門の有望な見通しから利益を得ることを目指している。

この活動の急増は、中国における半導体に対する米国の規制により、世界のチップ業界が運営上の優先順位に大きな変化を示したときに発生します。

台湾、チップ事業を拡大

この傾向に参加している注目すべき企業の 1 つは、特定用途向け統合チップ (ASIC) を専門とするファブレス チップ メーカーである Alchip Technologies です。 2022 年現在、ほとんどの研究開発エンジニアは中国に拠点を置いています。

でも始まった 一部の役割を海外に移す、日本への集中がさらに強化されています。

アルチップは日本、北米、台湾で積極的に人材採用を行っているが、人事に関する具体的な詳細はまだ明らかにされていない。 ロイター通信が報じたように、アルチップ・ジャパンのゼネラルマネジャー、古薗博之氏は日本の半導体市場の成長について楽観的な見方を示した。

彼はそれらを強調した ASIC の機会に焦点を当てる そして、多くの有望なプロジェクトに参加します。 ロイターの集計によると、台湾の半導体企業9社が過去2年間に日本で事業を設立または拡大した。

たとえば、チップ設計会社 eMemory Technology は 2 年前に横浜にオフィスを開設し、日本の複合企業からスタッフを雇用しました。 この戦略的な動きにより、顧客コミュニケーションの増加とビジネスの繁栄が促進されました。

eMemory の社長である Michael Ho 氏によると、横浜にオフィスを設立したことで、顧客とのコミュニケーションがより頻繁かつ効果的になったとのことです。 これらの人々は、 彼らはすでに現地チームと日本語でコミュニケーションをとりたいとの意向を表明している。

この件に詳しい関係者に加えて、 彼は台湾人の方が多いと明らかにした チップ分野の企業は、その存在感を拡大したり、日本市場に初めて参入したりすることを検討している。 為替レートが有利であれば意思決定が容易になると言われており、円安であればこうした戦略的な動きはより魅力的になる。

テクノロジー企業からの手厚いサポート

今週末、有名な南の島である九州でTSMC工場の操業が始まります。 チップ業界での登場アリゾナ州にTSMC施設を建設する際に直面した課題とは対照的に、同社はそれをやり遂げた 明らかにする 国内に第2製造工場を設立する計画。

これは現在、総投資額が 200 億ドルを超えています。 によると ロイターTSMCは、ダイナミックな労働文化と、容易な協力と寛大な支援を特徴とする政府により、日本は理想的な場所であると考えています。

TSMCの他に、日本政府が支援するチップファウンドリプロジェクトのRapidusや台湾のPowerchipなどの他の企業も製造を行っている。 国内における重要なステップ

さらに、比類のないASIC設計者であるTSMCが支援するグローバル・ユニチップ・コーポレーション(GUC)も、エンジニアリングの才能とビジネスの将来性から日本に惹かれている。

さらに、 Materials Analysis Technology (MA-tek) や Finesse Technology などの TSMC の重要なパートナーが日本での存在感を拡大しています。 MA-tekが九州に新しい研究所を設立する一方、Finesse Technologyは現在建設中の工場を稼働させた。

現在進行中のデカップリングの動きにより、台湾企業が日本に進出する傾向は今後も続くと予想されることは注目に値します。 しかし、鈴木貴基さんは、 中国経済責任者 丸紅の調査は、日本が需要を満たす上で困難に直面する可能性があると警告した。

これは主に、科学業界における若い人材の潜在的な不足によるものです。

READ  日本のスズキはインドの工場で電気自動車に14億ドルを投資-テクノロジー