Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国との緊迫した技術競争の中、米国、日本、韓国の間で研修フェローシッププログラムが開始される

中国との緊迫した技術競争の中、米国、日本、韓国の間で研修フェローシッププログラムが開始される

「2 日半の間、目の前でつながりが生まれていくのを見るのがどれほど興奮するか、アジアだけでなく世界の風景を変える新しい種類の関係の可能性を実感するために、私は自分をつねる必要がありました。世界で」と彼は言った。

キャンベル氏はまた、政府関係者がテクノロジーがどのように機能するかを理解することが重要であると強調した。 「テクノロジーは、各国政府がやろうとしていることの中核です。

「私は毎週、上級の人々と会議を開き、彼らが理解していないテクノロジーについて意思決定を行っています。 [nor] 本当に定義可能です。 「だから、私たちはあなたたちの世代にこのようなことが起こってほしくないのです」と彼は同僚に語った。

近年、両国間の相違は徐々に緩和されつつある。 日本は昨年3月、同年5月の二国間首脳会談に先立ち、韓国へのチップ材料輸出制限を緩和することで合意した。

この技術トレーニング プログラムは、キャンプ デービッドから生まれたいくつかの三者による取り組みの 1 つにすぎません。 その他の取り組みとしては、がん対話、ユースサミット、サプライチェーンの混乱に対する早期警告システム、東南アジアと太平洋島嶼国の能力構築を同期させるための海洋メカニズムなどがあります。

テクノロジー リーダー プログラムの参加者は、3 週間にわたって、半導体、人工知能、量子技術、バイオテクノロジー、 サイバーセキュリティ そして宇宙探査。

セッションはジョンズ・ホプキンス大学の教員および政策およびテクノロジーコミュニティのメンバーによって主導され、プログラムの最初の2週間はワシントンDCで、最後の週はカリフォルニアのシリコンバレーで行われます。

スポンサーにはプログラムの創設スポンサーが含まれます グーグル そして東京に拠点を置くNEC。

「志を同じくする環太平洋諸国の主要3カ国の公共政策担当者を集めて、先進技術の社会実装とガバナンスについて学び、議論し、協力し協力することが重要だ」とNECの田中茂弘氏は声明で述べた。

近年、ジョー・バイデン政権は外交を前進させるために「ミニ会談」をますます活用している インド太平洋。 昨年のキャンプデービッドサミットとは別に、米国がサミットを主催した 最初のトリオ 日本の首脳らとともに、 フィリピン人 4月中。
2024年4月11日、ワシントンのホワイトハウスで前例のない三者会談にフィリピン大統領フェルディナンド・マルコス・ジュニア(左)と日本の岸田文雄首相を迎えるジョー・バイデン米国大統領(中央)。写真:AP

先週、山田茂雄駐米日本大使は、ミニ会議の最大の利点は戦略的問題に集中できることだと述べた。

同氏はワシントンに本拠を置く新アメリカ安全保障センターでの講演で、「二国間で会うときは、経済問題や開発援助など、二国間問題について話すことが多い」と述べた。しかし、パートナーや他の人が同席しているときは、二国間問題については話さず、むしろ戦略的問題に焦点を当てます。」

キャンベル氏は5月にバージニア州で行った日韓首脳との会談で、三か国の首脳による再度の首脳会談開催が「年内の最優先事項」だと述べた。

中国、日本、韓国は三カ国首脳会談を開催し、最近では最近の首脳会談が行われた。 先月行われました、4年の休止期間を経て再開。
READ  人員削減は Worms Maker Team17 で報告されました