Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国と同様に、日本と米国は海外で化石燃料エネルギー技術に資金を提供し続けています

プリンストン大学、ウッドローウィルソン公共国際問題大学院

炭素集約型のエネルギーシステムから離れ、再生可能技術に投資することは、世界のエネルギー部門を脱炭素化し、世界の気候変動を緩和するために重要です。 しかし、発電部門で外部の二国間資金調達を支配している3か国(中国、日本、米国)は、化石燃料からの発電に資金を提供し続けています。

NS 以前の研究 プリンストン大学の研究者は、中国がオフショア発電所、特に石炭火力発電所の最大の公的資金提供者であることを発見しました。 さて、フォローする アナリティクス、彼らは、日本と米国が密接にフォローしており、主に海外でガスと石炭を助成していると報告した。

パリ気候協定によれば、世界経済は炭素依存を迅速に放棄し、2050年までに正味ゼロの炭素排出量に近づく必要があります。2060年までの国内のカーボンニュートラルへの中国の取り組みや2050年までの日米のカーボンニュートラル目標などの国家目標は炭素集約型技術から世界を遠ざける手助けをします。

しかし、中国はまだ化石燃料技術の外部資金調達を制限する政策を策定していません。 米国と日本は、オフショア石炭火力発電所への公的資金提供を終了することに合意していますが、オフショアガソリンスタンドへの公的資金や、石炭、ガス、またはその他の種類の化石燃料ステーションへの民間資金提供を制限する方針はありません。 代わりに、これらの国々は、二国間資金調達を通じて、開発途上国における化石燃料への依存に資金を提供し続けています。

二国間および多国間融資は、開発途上国のエネルギーインフラの開発において重要な役割を果たしています。 二国間融資は1つのドナー国と1つの受領国の間で行われ、多国間融資は複数の国の間で行われます。

2010年以降、ほとんどの多国間開発機関は、資金を再生不可能なエネルギー源からより環境的に持続可能なプロジェクトにシフトしていることが調査でわかっています。 しかし、二国間融資とそれが世界の脱炭素化努力に与える具体的な影響についてはほとんど研究が行われていません。

研究者らは、2000年から2018年までの日本と米国のデータセットを分析し、各国の国家開発金融機関からの二国間融資とFDIの傾向を追跡しました。 プレスリリースと年次報告書から収集されたデータは、以前に中国について収集された情報と組み合わされました。

彼らは、インドネシア、インド、ベトナム、アラブ首長国連邦などの発展途上国では、3か国が再生可能エネルギーよりも化石燃料から大幅に多くの発電に資金を提供していることを発見しました。 中国の資金は水力発電所と石炭を支持し、日本とアメリカの資金は天然ガスと石炭を支持した。 非水力再生可能技術への貢献は、これらの国の「グリーン」な国内エネルギー政策にもかかわらず、外部の総容量の成長に対する各国の貢献の15%未満でした。

研究の筆頭著者であり、プリンストン大学の大学院研究員であるXuChenは述べた。 エネルギーと環境に関する政策研究センター

化石燃料インフラの二国間融資は、長期的な炭素投資です。 化石燃料発電インフラストラクチャは、「かなりの二酸化炭素を閉じ込める」2 数十年にわたる排出量により、再生不可能なエネルギー源から離れることがより困難になっています。 研究者が分析した資金調達データのいくつかは20年前にさかのぼりますが、二酸化炭素の大部分は2 将来的に排出が発生します。

しかし、太陽光や風力などの再生可能技術のコストは急速に低下しています。 間もなく、環境的に持続可能な代替燃料よりも、新規および既存の化石燃料ステーションを運用する方が費用がかかり、収益性が低下します。

Denis L Mauzeral、対応する著者であり、環境工学および国際問題の教授 プリンストン公共国際問題学部 そしてその 工学応用科学部。 「世界は、新しい化石燃料発電所から生じる炭素排出を許容できず、発展途上国は、化石燃料発電所が建設された直後に停止する余裕がありません。多くの石炭発電所は引退経路にありますが、これは当てはまりません。化石燃料発電所への資金は、壊滅的なレベルの気候変動を回避するために、世界の再生可能エネルギーに向け直さなければなりません。」

/一般リリース。 この資料は元の組織からのものであり、一時的な性質のものである可能性があり、明確さ、スタイル、および長さのために編集されています。 全景 ここに

READ  デジタル化とよりグリーンな社会を求める日本の成長戦略草案