Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国と日本はドルに対して反発している

中国と日本はドルに対して反発している

無料の外国為替アップデートを入手

中国と日本の当局者らはドル高に反対している。

人民元安に対する首脳の間で不安が高まっている最近の兆候を受けて、中国人民銀行は水曜日、中国通貨の対ドル相場を予想外の高水準に設定した。

これとは別に、日本の通貨外交のトップは、勢いの醸成を阻止するために円下落に対して最も厳しい警告を発した。

INGの外国為替戦略責任者、クリス・ターナー氏は「投機筋が介入しなければ、ドル円はいつの間にか160円に上昇することになる」と述べた。

アジアの2大経済大国は通貨安の恩恵を受け、両国の輸出を押し上げた。 米国の好調な経済指標によって人民元が上昇したため、人民元は今年に入ってドルに対して5.6%下落し、円は11%下落して147円を超えた。

しかし、東京と北京の政府高官らは、ドル高に対する滑走路の下落に警戒している。

人民銀の動きは、中央銀行が毎朝中間点を設定する通貨取引グループが中心となっている。 この通貨は両方向でわずか2%の取引が許可されています。 水曜日には中間点を7.1969人民元に設定した。 これはブルームバーグがまとめたアナリストのコンセンサス予想を0.11ポイント上回り、過去最高のマージンとなった。

人民元は水曜、中国でのオフショア取引を7.31人民元で終了し、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて全国の都市が封鎖された昨年10月の安値に近い水準となった。

アナリストらは、この動きは通貨が急速に下落した場合の資本逃避の可能性についての中国指導部の懸念を反映していると述べた。

米国債と人民元建て中国国債の利回り格差はここ数週間で拡大しており、中国のオフショア債券市場からさらなる資金流出のリスクが生じている。 同時に、海外投資家は中国株を売っている。

みずほ銀行のチーフアジア為替ストラテジスト、ケン・チャン氏は「中国は現在、特に8月の株式市場退出後、為替の安定を非常に懸念している」と述べた。

中国政府の最新の景気刺激策が経済成長の鈍化と国内不動産セクターの流動性ひっ迫に対する懸念に対処できなかったため、外国人投資家は先月120億ドルの中国株を売却した。

張氏は「人民銀が為替の安定を維持できれば、金融政策緩和の余地がさらに広がるだろう。これは今や実体経済を支えるために極めて重要だ」と述べた。

水曜日、日本で神田正人国際財務大臣は円記者に対し、「こうした動きが続く場合、政府はあらゆる選択肢を排除することなく適切に対応する」と語った。

日銀が超低金利に依存し続ける中、中国のおかげで日本の米国との利回り差はさらに拡大している。

ソシエテ・ジェネラルの為替戦略責任者、キット・ジュックス氏は、日本の政策立案者らは「市場をまっすぐに耕すことに慎重になる可能性がある」と述べた。 [Y150 to the dollar] しかし、根底にあるファンダメンタルズはどう考えても円に優しいものではない。

同氏は「短期的には得られると思うが、円高にはならないだろう」と付け加えた。

READ  日本トランスシティ株式会社 (東証:9310) の時価総額は、企業の恩恵を受けて先週 120 億円増加しましたが、最も大きな利益を上げたのは個人投資家でした。