Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国と日本企業が交渉中

中国と日本企業が交渉中

新華社通信によると、中国と日本の経済界は月曜日、東京で対話を開催し、両国企業間の協力を強化し、二国間の経済・貿易協力を新たな段階に押し上げることを目指した。

この対話は、先月、約200社の企業代表を含む大規模な日本のビジネス代表団が4年ぶりに中国を訪問してから2週間も経たないうちに行われ、緊迫した外交関係にもかかわらず、中国との協力強化に対する企業間の関心の高まりが浮き彫りとなった。

新華社通信によると、月曜日に東京で開催された対話は、中国国際貿易促進委員会(CCPIT)と日中経済協会が主催し、経済界から100人以上の代表が出席した。

中国国際貿易促進委員会の任宏斌会長は、中国は対外高レベルの開放を着実に拡大し、引き続き市場志向で法律に基づいた世界クラスのビジネス環境を創出していく、と述べた。日本企業のさらなる投資拡大を歓迎する。 中国では。

任氏は「中国企業家のこの代表団は、日本のビジネス界との実務協力を強化することに大きな期待を持って日本を訪問している」と述べ、中国国際貿易促進委員会は互恵・ウィンウィンの産業供給の構築を促進すると付け加えた。チェーンを結び、中日間の経済産業関係を強化する。 第2回中国国際サプライチェーン博覧会と大阪万博を通じたビジネス協力と人のつながり。

新華社通信によると、金曜日、大阪万博の中国パビリオンの礎石が据えられ、中国のグリーン開発を強調する会場の建設工事が開始された。

東京で開催された対話では、野村ホールディングス、丸紅、ハンファ産業を含む日本企業の代表者は、両国間の貿易投資協力を強化し、実務的な協力を促進するために、中国貿易投資促進委員会との制度的協力を深めていく意向を表明した。日本と中国の協力。 新華社通信が伝えた。


1月23日、日本の経済代表団は数日間中国を訪問し、その間数人の中国当局者と会談した。 代表団を率いた日中経済協会の進藤公生会長は、今回の訪問中、中日側は「双方が本来の野心に立ち返り、二国間関係について考える機会を提供する」という立場を改めて表明したと述べた。経済。” 交換します。」

READ  大手LNG購入者と生産者はメタン規制を強調している