Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国と韓国は日本の首相の戦死の申し出に抗議した

人々は、コロナウイルス(COVID-19)の発生の中で、第二次世界大戦での日本の降伏の76周年に、日本の東京で2021年8月15日に靖国神殿を訪れます。 ロイター/加藤一世/ファイル写真

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、4月21日(ロイター)-岸田文雄首相は木曜日、東京の安国寺での戦争で殺害された人々に儀式の供物を送り、数人の政治指導者が近隣の中国と韓国を訪れ、非難を受けた。

寺院は、連合国の裁判所によって戦争犯罪で有罪判決を受けた14人の日本の武将を含む250万人の戦争で亡くなった人々に敬意を表しています。 第二次世界大戦前後の日本の占領の象徴として、中国や韓国などから見られています。

多くの日本人は靖国の親戚に敬意を表し、保守的な指導者は死者に敬意を払うことができると主張しています。 しかし、過去の訪問と譲歩は、アジアの隣人からの怒りの反応を引き起こしました。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

岸田は最近、日本の指導者の模範に従い、春と秋の祭りの間に顔を合わせる代わりに、木曜日のように怒りを引き起こさないように供物を送りました。

日本の最高政府報道官兼内閣官房長官である松野博康氏はコメントを控えた。

岸田文雄が不在の間に、安倍晋三前首相と現在の自民党の政策リーダーである高吉正が神社を訪れた。

韓国は深い失望と後悔を表明した。

韓国の外務省は声明のなかで、「日本の責任ある指導者たちは、日本の侵略戦争の歴史を称え、戦争犯罪者を埋葬する安国寺に再び賛辞を送った」と述べた。

「私たちの政府は、日本の責任者に彼らの歴史を直接見て、彼らの謙虚な反応と過去の歴史の中での真の反省を示すことを強く求めます。」

中国外務省のスポークスマン、ワン・ウェンピン氏は、神社への供物と訪問は「日本の占領史に対する誤ったアプローチを反映している」と述べた。

「中国側は、日本側に、その約束を熱心に守り、侵略の歴史を振り返り、それに立ち向かい、軍国主義から完全に切り離し、実際的な手段でアジアの隣人と国際社会の信頼を勝ち取るよう要請する」と語った。王は言った。 定期的な説明。

日本との近隣関係は、日本が戦時中の過去を贖うことを躊躇していると見なしているため、長い間緊張してきました。 中国と韓国は、1945年に敗北する前に、日本の時には残忍な占領と植民地支配に苦しんでいました。

2013年に安倍首相が就任したとき、日本の首相は誰も靖国を訪れなかった。それは韓国と中国に怒りを引き起こし、主要な同盟国である米国からの「失望」を表明した。

安倍首相は記者団に対し、ロシアによるウクライナの占領は今年特別なショックを受けたと語った。

「ウクライナでは、多くの勇敢な人々が現在、国を守るために命を賭けて戦っている」と彼は言い、日本のために命を捧げた人々に敬意を表したいと付け加えた。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ソウルのElaineLiesとSoo-hyangChoi、北京のEduardoBaptistaによる報告。 ChristopherCushingとKimGogil、RobertBrusselによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  西日本のエーハイム原子炉は、2年間の停止後に再開されました