Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国に関しては、日本は米国とともにアジアを離れているようです。

高橋哲史は、2017年4月から2021年3月までニッキ中国支局長を務めました。 そして、北京日記の記事の著者。

東京発-北京で4年ぶりに帰国したジャーナリストが解放され、グーグルとヤフーで自由に検索できるようになった。

LineやFacebookなどのサイトで親しい友人との自由奔放なチャットも新鮮です。 表現の自由の制限急速に成長している中国では、これらのサービスを自由に利用することはできません。

しかし、コロナウイルスに対する勝利で流れている中国共産党は、まだその前進に自信を持っています。

「米国にはアメリカ式の民主主義があります。中国には中国式の民主主義があります」と中国の政治局のメンバーである楊潔琳は先月のアラスカでの会合で米国務長官のアンソニー・ブリンゲンに語った。

中華風民主主義とは? 言論の自由や報道の自由を認めない一党制。 政府はすべてのデータと、人々が知る権利を制限する統治スタイルを管理しています。

これは私たちが知っている民主主義の正反対です。

今月初めに菅義偉首相と会談した後、記者団に語ったジョー・バイデン米大統領は、「民主主義が依然として競争し、勝利できることを証明するために協力している」と述べた。

民主主義と独裁政権の戦争において、日本の唯一の選択は米国と手を組むことです

共同声明における台湾のメモ-その闘争の最前線に座ることは避けられない。

中国の習近平国家主席は、台湾に対処するために「必要なすべての措置」を講じると繰り返し述べている。

これらのアイデアは、米国ではなく、日本を対象としています。

ホワイトハウス首脳会談に先立ち、北京の中国当局者も同様に「台湾とのトラブルが発生した場合、日本は支払う」と警告した。 アジアのコミュニティの仲間がすぐにワシントンの側に立つというショックの感覚がありました。

左側は、中国の魏河にある1894-95年の日清戦争博物館のパネルに写っている福澤諭吉です。 (写真提供:高橋哲史)

一世紀前、日本の高官も同様に日本を西洋に招待した。

東京の京大学の創立学者である福澤諭吉は、「アジアを離れてヨーロッパに入る」というイデオロギーで知られています。

あまり知られていませんが、福沢は中国では悪役とされています。

数年前、記者が1894-95年の日清戦争を中心とした山東省博物館を訪れたとき、福沢氏の写真は、彼が「侵略と拡大を積極的に提唱した」と説明して表示された。侵略。

1895年、敗北した皇朝は下関条約に調印し、台湾を日本に譲渡しました。 126年後の今、中国共産党はまだ島を統一していません。 日米両国は、この長年の夢を実現するための西の努力の邪魔をしている。

中国の観点からは、日本の最近の動きは今やアジアを離れて米国に向かっているように思われる。 Zeeの経営陣は、日本に対するさまざまな圧力を強めるでしょう。

台湾の問題に関して言えば、日本企業は政治と経済が分離していると主張することはできません。 彼らはブロブを取り除くことはありません。

興味深いことに、舞台裏では、米国はさらにいくつかの問題について中国と協力し続けています。 日米首脳会談の翌日、ワシントンと北京は、気候変動と戦うための共同努力を誓約する声明を発表した。

日本は今、中国からの適切な距離を維持するという困難な課題に直面しています。 東京は、適切な製品と決済の前に、ルビコン(返品不可のポイント)を通過した可能性があります。

READ  DSMCは日本がチップ工場を建設するために交渉中であることを確認します