Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国の「偵察気球」が爆発したばかりなのか?

中国 活動停止になったようです 同社の世界観測気球計画は、2月に米国上空を漂う気球が発見されたことを受けて中止された。

しかし今では匿名の読者が参加しています このレポートはCBSニュースからのものです:
7か月後、マーク・ミリー統合参謀本部議長はCBSニュースに語った。 日曜日の朝「気球はスパイ行為ではなかった。」諜報機関、その評価 – 信頼性の高い評価 – [is] 同氏は、この気球による情報収集は行われなかったと述べた。

では、なぜ米国の話だったのでしょうか? 諸説ありますが、少なくとも一つは軌道から外れたとの説があります。 気球はハワイに向かっていたが、上空6万フィートの風が勝ったように見えた。 「この風はとても強いです」とミリーさんは語った。 「この飛行機のエンジンは、あの高度であの風には耐えられません…」

海軍が大西洋の底から破片を引き上げた後、技術専門家は、気球が米国本土上空にいる間、気球のセンサーが一度も作動していなかったことを発見した。 しかしその時までに、米中関係にはダメージが与えられていた。
CBSのニュース番組で 日曜日の朝主催者は米統合参謀本部議長とこのようなやりとりを行った。

CBS: 「要するに、あれはスパイ気球だったけど、スパイではなかったの?」

統合参謀本部議長: 「これは偵察気球だったと言えますが、情報を取得しておらず、中国にいかなる情報も送信していなかったことが高い確信をもってわかっています。」

READ  プラカシュ・ラージ、第28回IFFK、スワンナ・チャコラムを日本映画で称賛