Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国の「強制的な」経済政策を懸念するG7:英国



イギリスの外務大臣リズ・トラス、中央の写真は、2021年12月12日日曜日にイギリスのリバプールでゲストおよびASEAN諸国との7人の外務大臣および開発大臣のセッションを主催します(AP通信経由のアンソニー・デブリン/プール)

東京(京堂)-英国のリズ・トラス外相は日曜日、7つの先進工業国のグループが中国の「強制的な」経済政策について懸念していると述べた。

ロイター通信は、2日間のG7外相会議の2日目に英国のリバプールで開催された記者会見で、「中国の強制的な経済政策に懸念を抱いている」と述べた。 「そして私たちがやりたいのは、投資へのアクセス、経済貿易へのアクセス、そして志を同じくする自由を愛する民主主義を構築することです。」

彼女は、G7外相が東南アジア諸国連合のカウンターパートと初めて会ったとき、北京の経済的および軍事的影響力の高まりに対応して、中国に関する政策を10人のメンバーグループと調整するために発言した。 インド太平洋地域およびそれ以降。

日本の外務省によると、グループ・オブ・セブンと東南アジア諸国連合は、コロナウイルスのパンデミックからの経済的影響からの回復を確実にするために協力を強化することに合意した。

日本の林芳正外相は、インド太平洋地域の自由と開放を達成するためにはASEANが不可欠であると強調した。

会合に先立ち、英国政府は、トラスは「東南アジアのカウンターパートが最先端技術の世界標準を形成する役割を果たすことを奨励する」と述べた。

彼女は、不公正な貿易慣行やその他の疑わしい活動でしばしば非難されている中国に対する覆い隠された批判を述べた。

彼女は、ミャンマーの危機は会議で議論されるだろうと付け加えた。

ASEAN加盟国の中で、2月のクーデター後、国が政治的混乱に陥ったため、軍事支配下のミャンマーは集会から除外された。

ASEAN側では、ブルネイとフィリピンが直接会議に出席し、オミクロンコロナウイルスの発生により他の7人近くが参加した。

ASEANには、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムが含まれます。

2日間の会談で、G7の外相(英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国、および欧州連合)は、ウクライナとの国境近くでのロシアの軍事力増強について懸念を表明しました。

トラスは、モスクワがウクライナに対するさらなる軍事侵略に従事した場合、モスクワは「深刻な結果」に直面するだろうと述べた。

グループ・オブ・セブンは、ロシアの侵略に直面したウクライナの主権と領土の完全性に対する支持を確認した。

米国とその欧州の同盟国は、ロシア軍と武器の国境地域への移動が侵略の前兆となる可能性があることを懸念している。

READ  ビスタラがデリーと東京間の直行便を開始