Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国のパンダ債市場はCOVID安値から反発

東京-世界の多国籍銀行が事業拡大を計画するために経済の長期成長予測を行っているため、外国の発行者による中国本土の人民元建て債券のフロートは今年反発しました。

リフィニティブによると、9月に終了する年度に195億元(30億2000万ドル)のいわゆるパンダ債が発行され、2020年の合計を上回った。この金額には、香港とマカオに登録された事業体の変動は含まれていない。

昨年、コロナウイルスの発生により、企業は手元の現金をプールするようになりました。 その結果、パンダ債の発行は、2019年に設定された記録的な320億元から半分に縮小しました。

今年、ヨーロッパの企業は新たな資金調達意欲を示しました。 ドイツのダイムラーは、3月と5月に4つのフロートを通じて80億元を調達しました。 ドイツの自動車メーカー、BMWは6月以来70億元をリリースしました。

2020年でも、フランスの廃棄物管理サービス会社であるVeoliaEnvironnementは30億元を調達しました。

大和証券の中国チーフアナリスト、江江氏は、「中長期的には、中国の事業拡大に先駆けて資金需要がある」と述べた。

世界の自動車メーカーは、中国の合弁事業を通じて、電気自動車の生産能力と販売ネットワークを開発しています。 人民元建ての資金を集めることで、ユーロや他の通貨を人民元に換算することによる為替リスクを直接軽減できます。

パンダ債を発行する企業は、少なくともBBBの投資適格格付けを持っており、これは売り手に別の利点をもたらします。 中国の債券市場は、地元の不動産業界の問題により混乱しています。

日本総合研究所の主任研究員である関真一氏は、「信用格付けの高い外国企業の債券は中国の機関投資家にとって魅力的だ」と述べた。

5月に売却されたダイムラーの3年債の利回りは当初3.7%を超えていましたが、現在は3.5%を下回っており、価値が上昇していることを示しています。

一方、円建てのサムライ債による資金調達の需要は減少した。 今年の最初の9か月間に発行されたのはわずか3,325億円(30.3億ドル)で、昨年の同時期からほぼ10%減少しました。

今年のこれまでの発行額は、2019年にフロートした1兆7,400億円のサムライ債の5分の1です。今年の発行額はパンダ債のフロートと同等です。

中国の金融当局が2015年に国際投資家に債券市場を開放したとき、パンダ債券フロートはサムライ債発行額の15%未満でした。 現在の傾向は、パンデミックに見舞われた日本経済における資金調達の減少を強調しています。

READ  コロナウイルスのライブアップデート:ワクチンブースターの年間投与量が必要になる場合があり、これにより供給が増加する可能性があります