Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国のミサイルトラッカー-ライブ:宇宙船がインド洋上空で地球に落下すると報告されています

長征5Bミサイル 中国の宇宙ステーションユニットを運びました、低軌道になり、再び崩壊する危険があります。

ミサイル 先週、天和ユニットの打ち上げに成功しました。 それが将来の中国宇宙ステーション(CSS)の居住区になります。 残念ながら、30メートルのミサイルも軌道に到達し、現在、制御されていない再突入のためのこれまでで最大の発射の1つです。

ロケットが軌道に到達するのに必要な速度に到達することはまれですが、現在、ロケットは約90分に1回、つまり1秒に7キロメートル世界中を移動しています。 北はニューヨーク、マドリッド、北京まで、南はチリとニュージーランドまで通過します。

ミサイルが人口密集地域に着弾するかもしれないという懸念があります。 2020年5月に長征ミサイルが最後に発射されたとき、 コートジボワールの村にがれきが落ちたと報告された。 ミサイルの速度は、科学者がいつ落下するかまだわからないことを意味しますが、2021年5月10日までに落下する可能性があります。

続きを読む:

からの最新のニュースや機能に追いつくために インデペンデント 私たちに登録する 幅広い無料ニュースレター。 サインアップに利用できるすべての無料の電子メールを閲覧する ここをクリック

1620532379

Aerospace Companyはまた、ロケットが落下したと報告しています-確かに知るのは難しいですが

ミサイルが落下したときに追跡し、その進路を予測していたAerospace Companyは、ミサイルが落下したと考えていると述べていますが、追跡方法によって確実に知ることは困難であると述べています。

新しいデータセットがないことを示している可能性があります [the rocket] 私は再び入りました」と彼女はツイートしました。「これは私たちの最近の予測の不確実性の範囲と [Space-Track’s] 予測。 確認済みのビデオ映像、減衰メッセージ、または新しいデータセットがないと、これをまだ確認できません。 私たちはまだ見ています。

「私たちが予測を行うために使用するデータセットは、追跡しているオブジェクトが地球全体のセンサーのセットを通過するときに生成されます。私たちは知っています。」 [the rocket] これらのセンサーを連続して通過しすぎるとクラッシュします。」

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日04:52

1620531855

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日04:44

1620530474

スペーストラックはミサイルに欠陥があると言っています

ミサイルの落下中ずっと追跡を提供してきたスペーストラックは、落下したと言います。

(間違いなく、Space-Trackは過負荷であったため、サイトから離れたままにするための指示がありました。通常、宇宙のオブジェクトを追跡するための技術的でやや非劇的な方法として使用されます。)

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日04:21

1620530295

中国がWeiboの破壊を発表

これはWeiboに関する中国当局からの投稿であり、同じことを確認しているようです。 自動翻訳:

#長征5Bヤオ2ロケットの最終段階の残骸が大気圏に再突入しました。

中国航空宇宙工学局によると、監視と分析の後、2021年5月9日の10:24に、長征5号のBYao2ロケットの最終段階の残骸が大気に戻った。 落葉性の地域は、72.47°Eと2.65°Nの周辺海域にあります。 ほとんどのデバイスは、再突入プロセス中に燃焼します。 腐食破壊。

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日04:18

1620530164

中国の追跡サイトが削除されています

中国有人宇宙工学局(CMS)のウェブサイトがダウンしているようです。 恐らく、それは、ミサイルが以前に落下したという予測と声明の間の何かのように見えたものから来た大量の密輸の結果でした。

その声明は、UTCの午前2時24分(または約45分前)に再び入ったと述べています。 また、予想どおり、インド洋の真ん中に配置する座標も提供しました。

(グーグルマップ)

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日04:16

1620529362

中東からのビデオは再突入の始まりを示しているようです

中東からの未確認の映像は、再入国の始まりを示しているようです。 これは、実際の影響がインド洋上でわずかに遅れて発生したという噂の高まりと一致します。

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日04:02

1620528956

トラッカーは、ミサイルが墜落するという噂が広まっているにもかかわらず、ミサイルの動きを示し続けています

これには十分に単純な理由があります。トラッカーは実際にミサイルを追跡しているのではなく、予測された飛行を表示しています。 ですから、本物が再び入り込んで自力でやめた後も、彼らは動き続けます。

(これは、彼がこれを断固として行ったことを意味するものではありませんが、まだ…)

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日03:55

1620528592

再入国はまもなく確認されるようです

これはミサイルが落下したことの半公式の確認であるように見え、まもなく完全な確認が得られることを示しています。

(このアカウントは宇宙軍で働いている人のもののようで、そのツイートは公式に承認されたアカウントであるSpace-Trackアカウントによってリツイートされました。)

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日03:49

1620528101

ソーシャルメディアに広がる偽の再入場写真

人々は、ミサイルの帰還の劇的な写真が撮られたと信じるように他人をだまそうとしています。 しかし、それらはまったく別のものです。

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日03:41

1620527964

中国当局は、ミサイルがインド洋で墜落したと予想されていると述べています

そのような操作を追跡するのに役立つ中国航空宇宙工学事務所のウェブサイトに投稿された更新によると、ミサイルは約25分前にインド洋で墜落したと予想されていました。

発表が追跡されたという正式な確認だったのか、それともエンジニアがその時点で追跡することを期待していたのかを判断するのは困難です。

しかし、それは確かに理にかなっています。中東では非常に低く見られたので、今再び入ることが期待されていました。インド洋でそうすることで、なぜそのように見られなかったのかが説明されます。

アンドリュー・グリフィン2021年5月9日03:39

READ  Covid Live:オーストラリアのビクトリアはデルタの発生にもかかわらずいくつかの制限を緩和します。 英国ではまだ100万人が休暇中です| 世界のニュース