Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国のライドヘイリングディディは米国で40億ドルのIPOを求めています

香港-中国の旅客サービスである滴滴出行は、最新の規制当局への提出によると、米国での新規株式公開で最大40億ドルを調達しようとしています。

IPOは、JackMaのAlibabaHoldings Groupが2014年に公開されて以来、米国で最大の中国企業の公募となります。しかし、Didiは期待を縮小したようで、以前のレポートでは、最大100億ドルを調達しようとしていることが示されています。

ソフトバンクグループとテンセントホールディングスの支援を受けた同社は、規制当局への提出書類によると、13ドルから14ドルの価格帯で2億8800万株の米国預託株式を売却することを目指している。 最終的に、同社の価値は約670億ドル、つまり2018年の資金調達とほぼ同じになります。各ADSは4つの普通株を表しています。

ディディはかつてその意図に精通している人々によると、IPOで最大1,000億ドルの評価を目標としていましたが、最初の投資家会議はそれを視野を下げるように促しました。

取引関係者は、「議論の結果、投資家は、規制当局による精査と、現金を多用する国際事業やその他のサービス(食品配達や電気自動車など)の利益に対する可視性の欠如の中で、このような評価が高いと考えていることが明らかになった」と述べた。

IPOの主幹事であるモルガン・スタンレーは、IPOの範囲の中間で7億5000万ドル相当の株式を引き受けることに関心を示しています。 目論見書によると、シンガポールの国家投資ファンド、テマセクは5億ドル相当の株式を購入することに熱心だと語った。

ディディは、米国の資本市場を活用して高成長企業の流動性と投資家の需要を高めることを目的としているため、ワシントンと北京の間の緊張を和らげる最新の中国企業です。

しかし、その新規株式公開は、北京がアリババに過去最高の182億元(28億1000万ドル)の罰金を科すなど、主要な技術プラットフォームに対する規制措置を強化している兆候にも続いています。 3月、ディディは「不適切な価格設定行動」で150万元の罰金を科されました。

ロイターは先週、中国の独占禁止法規制当局が、ディディが反競争的慣行を使用して小規模な競争相手に圧力をかけたかどうか、そしてその価格設定メカニズムが十分に透明であるかどうかを調査していると報告した。

ディディ氏はIPOの提出で、4月に規制当局と会い、自己検査の実施とコンプライアンスレポートの提出を求められたのは30社を超える中国のインターネット企業の1つであると述べました。 ディディはすでにやったと言った。

米国でIPOを求めている他の中国企業には、ホテルチェーンのAtour Lifestyle Holdings、オンライン食料品店のDingdongMaicaiとMissfreshが含まれます。 3人は合わせて10億ドル近くを求めています。

しかし、最後の瞬間に足が冷えた候補者もいました。 Tencentが支援するソーシャルメディアプラットフォームSoulgateは、上場の数日前に今週1億8500万ドルのNasdaq新規株式公開を一時停止し、Caixinは金曜日、AntGroupが支援する自転車共有会社Helloがニューヨークへの入札計画を中止したと報告しました。

上場の波は、2021年のニューヨークでの中国のIPOからの総収入を昨年135億ドル以上に押し上げる可能性があります。これは、Dealogicのデータによると、2014年以来の最高の合計であり、過去最高の291億ドルでした。 この数字には、アリババの250億ドルのニューヨーク証券取引所IPOが含まれています。

滴滴出行は、2012年にChengWeiとJeanLiuによって設立されました。 ファイリングによると、16か国で運営されており、グローバルプラットフォームで年間4億9,300万人以上のアクティブユーザーにサービスを提供しています。 チェンは現在ディディのCEOであり、レノボグループの創設者である柳傳志の娘である劉が社長です。

同社は中国のタクシー市場で強力なリーダーシップを発揮し、2016年に主要な競合企業であるUberChinaを買収しました。 モビリティテクノロジープラットフォームには、中国で年間3億7700万人のアクティブユーザーがおり、年間1,300万人のアクティブドライバーがいます。

日本のソフトバンクグループはディディの筆頭株主であり、ビジョンファンドを通じて21.5%の株式を保有しています。 Tencent Holdingsは6.8%を所有しています。 2016年に中国事業をディディに17.5%の株式で売却したユーバーは、現在12.8%を所有しています。

Appleは戦略的パートナーシップの一環として2016年にDidiに10億ドルを投資し、Appleの幹部がマネージャーを務めています。 しかし、iPhoneメーカーはファイリングの主要な貢献者としてリストされていません。

昨年、ディディは16億ドルの純損失を計上し、今年の最初の3か月で10億ドルの営業損失を計上しました。 ただし、投資収益に支えられて、8億3700万ドルの時点で純利益を記録しました。

アナリストは、中国での事業が今後2年間で黒字になると予想していますが、国際事業やその他の事業には自信がありません。

中国は依然として同社の主要な収益ドライバーであり、海外市場が総収益の1.6%を占めています。

READ  非常に悪いマシンを守るために日本のファックスファンが集まる| 日本