Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国の大手 AI 企業 SenseTime が Go Play Robot を日本と韓国に導入

中国の大手 AI 企業 SenseTime が Go Play Robot を日本と韓国に導入

中国の AI パイオニアである SenseTime は、政府や企業顧客への AI システムのプロバイダーとして知られ、現在、日本と韓国をはじめとする海外の消費者市場に進出しています。

SenseRobot Goは、物理的なボードを使用して人間の対戦相手と中国のボードゲーム囲碁をプレイする対話型マシンで、Amazon.com、百貨店チェーンの高島屋、および中国企業である複数の都市の囲碁クラブを通じて1月5日から日本で購入可能になります。言った。 同氏は水曜日の声明で述べた。

彼女は、詳細は明かさなかったが、AI囲碁プレーヤーは韓国の消費者にも利用可能になったと付け加えた。 StudyinKoreaNewsの記事によると、SenseTimeは11月に韓国の電子機器販売会社Cynex Zoneと提携して同製品を国内で発売した。

なぜシンガポールの新しい AI 計画がアジアのサイバー犯罪との戦いに役立つのでしょうか?

政府や企業への画像認識・分析技術のサプライヤーとして知られるセンスタイムは、「アジア太平洋地域を含む海外市場の消費者に、より多くのAI製品を提供していく」と述べた。

最新の動きにより、センスタイムズの株価は木曜日の香港市場で4.6%上昇し1.14香港ドル(0.15米ドル)となったが、米国による制裁後の初値公開価格である3.85香港ドルを依然として大幅に下回っている。 2021. 香港証券取引所の開示情報によると、ソフトバンクグループは同社株を削減し、12月19日に2750万株を売却し、議決権比率を2月の16.85%から10.97%に減らした。

SenseRobot Go は、同社が最初に消費者向けに提供した製品を改良したもので、 中国のチェスができるロボット、昨年、開始価格2,299元(322米ドル)で発売されました。 この囲碁プレーヤーは、アリババグループホールディングと京東商城が運営する国内の主要オンラインマーケットプレイスの一つである天猫で最低価格3,999元で販売されている。 電子商取引大手アリババはサウスチャイナ・モーニング・ポストを所有している。

GoogleのDeepMindが開発したコンピュータプログラムであるAlphaGoのような他のAI対局システムとは異なり、SenseTimeバージョンはAIと実際の盤上で駒を正確に動かすロボットアームを組み合わせ、その技術を長さ36cm以下のマシンに詰め込んでいる。 8月には、SenseTimeロボットがライブ配信された試合で世界囲碁チャンピオンのチェン・ヤオイェを破った。

同社の財務情報開示文書によると、SenseRobot Goは6月に中国で発売されてから1カ月も経たないうちに1,000台近くを販売した。

これとは別に、センスタイムは共同創設者の唐暁氏(享年55)が今月急死したことを受けてプレッシャーにさらされている。 このニュースを受けて同社株は過去最安値に下落したが、同社はタン氏の死が「日常の経営や通常の事業活動に重大な悪影響を与えるとは予想されていない」と述べた。

READ  BMW、2024年に新型M5ツーリングを発表