Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国の技術実証にもかかわらず、日本は核汚染排水の無責任な海洋投棄を選択:業界内部から

中国の技術実証にもかかわらず、日本は核汚染排水の無責任な海洋投棄を選択:業界内部から

2024年7月10日に北京で開催された中国の原子力開発に関するフォーラムで講演する中国工程院の院士、易志晨氏。写真:Fan Anke/GT

中国の原子力業界関係者は水曜日、北京でのイベントで環球時報に対し、中国は日本に、機能不全に陥った福島第一原発からのトリチウム含有廃水を処理するための特別な技術を提供したが、コストが高かったため、最終的に日本は最も単純で安価な方法を選択したと語った。それを海で排水します。

水曜日に開催された中国の原子力開発に関するフォーラムで、中国工程院の学者イー・ジチェン氏は、中国は現在、高濃度トリチウム廃棄物を特別に分離して処理し、他の廃水と混合しないようにする技術に取り組んでいると述べた。

イー氏は、中国は、ガラスや三重構造の障壁で覆って処理できない残りの少量の高濃度トリチウム廃棄物を、生物圏から完全に隔離された地下400〜500メートルの深さに埋めて保管し、そこで自然に分解されると述べた。約12.5メートルで半分になります。

もう一つのアプローチは、核融合炉の開発や医学研究、特にがん治療に再利用するためにトリチウムの濃度を高めることである、と専門家は環球時報に語った。

「私たちは以前、日本側にトリチウムの処理計画を提案していましたが、日本側の廃水には海水の摂取が含まれていたため、結果的に数百万トンの汚染水が発生し、そのような解決策の費用は彼らが負担するつもりよりも高かったのです。」彼らは最終的に、汚染に関係なく海に放出するという最も単純な解決策を選択した」とイー氏は述べた。

中国の原子力発電所が2022年に日本の崩壊した福島第一原子力発電所の年間計画放出量の最大9倍のレベルのトリチウムを含む廃水を放出したと主張する外国メディアの誇大宣伝に対抗して、イー氏は月曜日に次のように述べた。 「根本的に違います。」

福島の廃水は核分裂生成物を含む核廃棄物で汚染されており、この問題は制御できない。 対照的に、中国の廃水は不適切に処理されており、カプセル化された核分裂生成物が含まれている。 一部の放射性物質は依然として放出される可能性がありますが、規制基準を満たしており、寿命は短いです。

「これが彼らのやり方だ」 [Japan] 「彼らは概念を混乱させ、誤った情報を広め、注意をそらそうとしている」とイー氏は語った。

福島の汚染水に関するIAEAの評価に関して、イー氏は、評価が外部検証なしに、原発運営会社である東京電力から提供された資料にほとんど基づいているという事実に問題があると述べた。 したがって、易氏は、廃棄物の包括的かつ客観的な評価に到達するために、第三者による監督における国際協力を求めた。

READ  連邦取引委員会は、Microsoft による Activision Blizzard の 750 億ドルの買収を阻止するために訴訟を起こしています。