Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国の軍用機が台湾近くで墜落、日米報道

台北 – 日経がまとめたデータによると、4 月 16 日の首脳会談で日米両首脳が台湾海峡の平和と安定を呼びかけて以来、台湾領空付近での中国の軍事作戦は急落している。

米国と日本が何十年にもわたって台湾を名乗る最初の報告書を発表した後、北京はホットボタン問題をめぐってワシントンへの敵対的敵対行為から撤退しているように見える. 中国は 7 月 1 日に中国共産党 100 周年を迎えるにあたり、国内の秩序を確保することを最優先事項としてきた。

1 月 1 日から 4 月 16 日まで、中国は台湾の防空識別圏に軍用機を 75 日、つまり週 5 日で派遣した。 合計 257 機のジェット機、主に J-10 および J-16 戦闘機がこれらの侵攻中に台湾の ADIZ に飛行し、1 日平均 3.4 機の航空機が台湾の ADIZ に飛行しました。

この 9 日間で、台湾は 10 機以上の多数の中国ジェット機に侵入し、そのうち 6 機は日米報告の 3 週間以内に発生した。

ワシントンが台湾への関与を強めるたびに、中国は台湾周辺を飛行するバッグの数を増やす傾向がある。 米国のジョー・バイデン大統領と日本の菅義偉首相が公然と台湾に言及するという憶測の中で、報告の4日前の4月12日に25機の飛行機が島のADIZに飛んだ.

4月12日の中国の姿勢は、米国務長官のアンソニー・ブリンカンが「それを変えようとするのは、誰にとっても重大な間違いだ。 [on Taiwan] 強要によって」

首脳会談以降、台湾近辺での北京の活動は規模も頻度も減少している。 台湾の国家安全保障・防衛研究所のスー・チー氏は、バイデン・スカ報告書は明らかな影響を与えたと述べた。

4 月 16 日以降、1 日あたり平均 1.9 機の中国のジェット機が台湾の ADIZ に到着しました。 10 便以上の事故は報告されていません。

過去 14 日間で 7 日間の侵入があり、2 機の航空機が関与したのは 1 件のみです。 残りの 6 日間には、それぞれ 1 機の飛行機が参加しました。天安門広場の弾圧から 32 周年を迎える 6 月 4 日の Blingen の中国批判も含まれます。

スー・チー氏は、中国は台湾を巡る米国に対する敵意を避けたいと述べ、1世紀前に中国共産党に対する中国の軍事力を証明し、東南アジア諸国連合に対する挑発行為が最近増加していることを指摘した.

5 月 31 日、中国の軍用機 16 機がボルネオ島のマレーシア領に接近しました。 マレーシアが独自の飛行で応答するとすぐにコースを変更しました。

3 月以降、スプラトリー諸島の 220 隻以上の中国船が中国とフィリピンによって領有権を主張されている。 フィリピンは排他的経済水域とみなす船舶の数を減らした。

READ  日本の最高大使秋葉が国家安全保障顧問に選ばれる