Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国の風力タービンメーカーが電気自動車を充電するロボットを発売

東京—中国最大の風力タービンメーカーの1つは、電気自動車の充電ポイントの慢性的な不足に取り組むことを計画しています。それは、自動車にジュースを運ぶ移動ロボットです。

Envision Groupは、今年、上海でMochiロボット(モバイル充電サービスを提供することからこのように名付けられました)のテストを開始する予定です。 ロボットはシンガポールにも出荷されています。

同社は、スマートフォンアプリベースのメンバーシップサービスを通じてボットを利用できるようにすることを目指しています。これにより、ドライバーは車を離れてMochiが自動的に検索し、充電できるようになります。

エンビジョンのCEO、レイ・チャン氏はインタビューで日経アジアに「駐車場は完全に変わる。充電ステーションを探すのに時間をかけないでください。充電ステーションで待つ必要はありません」と語った。 「大きな建物のすべての駐車場にロボットを置くことができます」と彼は言いました。

多くの国がガソリン車からより環境にやさしい車への切り替えを目指しているため、電気自動車のドライバーをサポートする充電インフラストラクチャを構築することは大きな課題でした。 十分な数の充電ポイントがある場合でも、電気自動車の充電には、従来の自動車への燃料補給よりも時間がかかります。

Mochiは、電気自動車のドライバーの生活を少し楽にするように設計されていますが、新しいタイプの電力システムを作成することで気候変動に取り組むというEnvisionのより大きな野心の一部でもあります。 世界風力エネルギー協会によると、同社は、ヴェスタス、ゼネラルエレクトリック、中国のゴールドウィンドに次ぐ世界第4位の風力タービンメーカーであり、2020年に10.7ギガワットを設置しました。 このグループはまた、日本の自動車メーカーである日産自動車に供給するバッテリー事業も行っています。

張氏は、発電において風力と太陽光発電が石炭に取って代わり、輸送に使用される化石燃料に電池と水素が置き換わる電力システムを作りたいと考えています。

「新しいネットワークも必要です」と彼は言い、「需要と供給の相乗効果のためにすべてのデバイスを接続する」ためのデジタルプラットフォームとして構想しています。

彼は張が以前に金融部門で働いていたが、彼が世界的な危機の兆候を見たときに辞めることに決めたと言った。 彼は「もっと重要なことをする」ことを望み、持続可能性と再生可能エネルギーの機会を感知して、2007年にエンビジョンを設立しました。

Envisionはすでにデジタル技術を使用して風力発電所の稼働率を最大化し、各タービンに最大500個のセンサーを装備し、人工知能を使用して潜在的な機器の故障を検出しています。

Envisionは、モノのインターネットとそのAIシステムを使用して、再生可能エネルギー施設、建物、およびエネルギーインフラストラクチャの他の部分を管理します。 また、日本の日産自動車やNECとの合弁会社である子会社のエンビジョンAESCを通じてリチウムイオン電池を製造しています。 張氏によると、グループの年間収益は約80億ドルです。

Envisionの最終的な目標の1つは、AI主導のモノのインターネットプラットフォームを使用して、エネルギー需要と供給を調整することです。これは、再生可能エネルギーの予測不可能な性質を考えると不可欠です。

多くの政府が目指しているように、世界が2050年までに正味ゼロの温室効果ガス排出量を達成した場合、「私たちは [will] 経済は完全に天候に依存するようになりました。 「これは、石炭や石油とは異なり、再生可能エネルギーの利用可能性は太陽光や風などの要因に依存するためです。

エンビジョンはすでに天気予報システムを持っており、独自の衛星ネットワークを作成することで予報の精度を向上させたいと考えています。 一方、供給が豊富なときにバッテリーや水素などの他の形態でエネルギーを貯蔵することは、不安定な需要が満たされることを保証するのに役立ちます。

電気自動車のバッテリーの普及は、需要と供給の弾力性を高めるため、「電力システムに大きな影響を与えるだろう」と張氏は語った。

チャン氏によると、エネルギー貯蔵用のバッテリーに加えて、エンビジョンは独自の水素製造装置の開発を検討しているという。 水素は、電気を加えることによって水を水素と酸素に分解する電気分解によって生成することができます。 張氏は、再生可能エネルギーを動力源とする電解槽を開発するためにエンビジョンと協力するパートナーを探していると語った。

水素は、鉄鋼や化学産業など、電化が困難な分野から炭素を除去するための重要な技術と見なされています。 また、バッテリーよりも長距離輸送や長期保管に適している可能性があります。 「将来的には、すべての洋上風力タービンに電解槽が搭載される予定です。 [so that] 「出力は水素になるだろう」と張氏は語った。

張氏は、エンビジョングループはグローバル企業であり、日本の新興洋上風力エネルギーセクターを含む新しい市場を検討していると強調しました。 彼は日本のパートナーを探しており、ブレードや発電機などの機器の「日本の国内サプライチェーンを開発し、インキュベートするために私たちの技術を日本に持ち込む」ことを望んでいると述べました。

バッテリーメーカーのエンビジョンは日本に本社を置き、日産がAESCの20%の株式を所有しています。 今年、同社は日産、ルノーグループ、その他の自動車メーカーに供給するために、日本とフランスに工場を建設する計画を発表した。 張は、「オープンであることによって、世界中に機会があることを示唆しました [global] パートナーシップにオープンな才能…それはあなたにすべての国へのアクセスを与えます。」

READ  クワッドは、中国がグローバルテクノロジーを支配するのを防ぐためにリソースをプールすることができます