Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国のBYDが日本で電気バスをハイギアにシフト

東京-中国の自動車メーカーBYDは、日本でより多くの電気バスを販売するためにアフターサービスを強化しており、市場は電動車の普及に向けて熟している。

国内で50台以上の電気バスを販売している現地部門であるBYDJapanは、運輸会社のマーケティングを拡大し、2030年までに約4,000台の販売を目指しています。

日本では、「EVバスが争いに突入しようとしている」と子会社の常務取締役である花田新作氏は語った。

需要が増えると、そのサービスインフラストラクチャも増えます。 現在、BYD Japanは、修理からメンテナンスまでのサービスをオペレーターに提供するDynamicsを含む20以上のパートナーのネットワークを持っています。 ネットワークは全国で200から300のメンバーに成長します。

BYD Japanは、車両の位置監視やバッテリーの状態など、ワイヤレスフリート管理のためのテレマティクス機能を完全にリリースします。 2020年にパイロットプロジェクトが開始され、宣教師ホールディングスチームのメンバーであるIsu Busが、この技術を搭載した電気バスを福島県で運行しています。 今後、新しい車両は、パフォーマンスを向上させるために更新されたテレマティクステクノロジーを備えています。

2月、BYDは最初のK8大型バスを東京のハイワコツに配達しました。 中国で車両を製造するだけでなく、日本規格に準拠した小型、中型、大型のバスを設計し、小型のJ6モデルも提供しています。

BYDバスにはCHAdeMO充電ポイントが付いており、同社によれば、同日フル料金で運行できるという。 電気バスの燃料費はディーゼルエンジンバスよりも約20%安く、より多くの事業者が採用し始めるにつれて価格はさらに下がると予想されます。

地元の電気バス市場の70%を占めるBYD Japanは、来年から新卒者の採用を開始する予定であり、約30〜100人のスタッフを増やすことを検討している。 また、バス関連の年間売上高は約100億円(9,010万ドル)、現在は約20億円を目指しています。

BYDの推進力は、トヨタグループのトラックメーカーである日野自動車が来年小型電気バスを発売することを計画していることです。

READ  日本は、中国からの「強制」に抵抗することで米国を支援することを誓う