Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国のBYDが電気自動車の3モデル目を日本で発売

中国のBYDが電気自動車の3モデル目を日本で発売

中国企業BYDは火曜日、日本で3台目の電気自動車を発売したと発表した。このセダンは、消費者が長年地元ブランドを好んできた市場において、これまでで最も高価なモデルとなる。

深センに本拠を置く自動車メーカーは、火曜日から主力車種であるシールEVの日本での受注を開始し、同国での後輪駆動バージョンの希望小売価格を528万円(33,111.75ドル)に設定したと発表した。

このモデルの中国での価格は17万9800元(2万4759ドル70セント)から。

Build Your Dreamsの略であるBYDの日本への進出は、中国でBYDや他の中国の電気自動車ブランドに対して苦戦している地元自動車メーカーにとって懸念事項となる可能性がある。

同社は日本市場向けにバッテリー駆動車のみを導入しており、中国では大手であるハイブリッドなどの他のパワートレイン技術を搭載した車は導入していない。

BYDオートジャパンの東福寺篤樹社長は、東京・渋谷で開催されたシール発売イベントで、4~6月期の日本でのBYDの販売は前年に比べて若干勢いを失ったと語った。

続きを読む

ファハド・ムスタファがハニア・アメルとともにスクリーンに復帰

ショーン・ペン、独身であることに喜びを感じる「毎日幸せ」

ベン・アフレック、JLoとの離婚に関する憶測が飛び交う中、結婚指輪なしで外出

同氏は記者団に対し、4月に始まる会計年度に同社のモデルが対象となる電気自動車に対する日本政府の支援が大幅に削減されたことが売上に悪影響を及ぼしていると語った。

子会社ハブコが中国企業BYDと電気自動車分野での冒険に乗り出す

同社はプレスリリースで、日本では後輪駆動バージョンと全輪駆動バージョンを提供し、どちらも82.56kWhのバッテリーを搭載すると述べた。

航続距離は後輪駆動車が640キロメートル(398マイル)、605万円の全輪駆動車は1回の充電で575キロメートル走行できる。

BYDは昨年、電気自動車「Atto 3」と「Dolphin」を日本で発売し、2023年2月に横浜に日本初のディーラーをオープンして以来、約2,500台を販売した。

同社は、日本のコレクションに少なくとも1つの新しいモデルを毎年追加する予定であると述べた。

READ  完全な市場アナリストのための中国のソーシャルメディアアカウントは停止されました