Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国のBYDは、2023年初頭までに日本で電気自動車の販売を開始すると述べています。 経済

世界最大の電気自動車メーカーは、1月から日本でATTO 3 SUVを導入する予定です。

BYD Co.の日本部門は、世界最大の電気自動車メーカーが主要市場での車両の販売または利用可能にする計画を強化しているため、来年初めに日本で最初のバッテリー電気自動車(BEV)の販売を開始すると発表しました。 .

バークシャー・ハサウェイが出資する中国のBYDは、1月31日から日本で電気スポーツ多目的車ATTO 3を提供すると発表した。 航続距離は485km、価格は440万円。 ($32,735)。

比較すると、日産自動車の標準的な電動リーフモデルの航続距離は 322 km (200 マイル) で、価格は約 370 万円 (27,496 ドル) です。

同社によると、BYD の日本支社は 2023 年末までにさらに 2 つのモデルを導入し、2025 年末までに日本で 100 を超えるディーラーを導入する予定です。

ガソリンと電気のハイブリッドモデルは、日本では依然として電気自動車よりも人気があります。 しかし、BYDやフォルクスワーゲンなどの日本以外の自動車メーカーが市場に参入することもあり、バッテリー駆動の自動車のシェアは拡大すると予想されています。

BYD の日本部門は、1 月下旬から 22 都市に一時的な小売店を設置する予定ですが、47 都道府県すべてをカバーしたいと考えていると、BYD オート ジャパン株式会社の CEO である東福地 厚樹氏は述べています。

「カーボンニュートラルに向けて取り組み、顧客がさまざまな選択肢を求めているため、少しずつ存在感を感じられるようにしたいと考えています」と彼は言いました。

日本の自動車メーカーは最近、友好的な活動家や投資家から非難されており、彼らは電気自動車を十分に早く受け入れていないと非難している.

トヨタ自動車株式会社は、最初の大量生産された全電気自動車である bZ4X を 5 月に、国内市場でのレンタルのみとして、10 年契約の最初の 4 年間、月額 106,700 円 (792.28 ドル) で販売を開始しました。 . しかし、安全上の懸念から、彼女は 2 か月も経たないうちにフォームを思い出さなければなりませんでした。 10月から生産を再開。

380 億ドル規模の電気自動車計画を開始してちょうど 1 年が経ちましたが、トヨタは、自動車メーカーの予想を超えて成長している市場での競争力を高めるために、すでに再出発を検討していると、ロイターは 10 月に報じました。

READ  ワラビーズ vs アルゼンチン、ララカイ フォケティ、ギトー ロー、ワールド カップ、LIV ゴルフ、ビデオ