Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国のCOVID-19政策により、日本の家族は北京冬季オリンピックに先んじて分離されています



アニ|
更新しました:
2021年12月27日20:28

北京 [China]、12月27日(ANI):来年2月に予定されている北京冬季オリンピックに先立つCOVID-19に関する中国の政策は、日本の家族を引き離しました。
共同通信によると、中国は北京での冬季オリンピックに先立って「ゼロコロナ」政策を推進しており、2年近く帰国しなかった首都の多くの日本人労働者は家族から孤立したままでした。 。
以前、中国は、新しいコロナウイルスの侵入を防ぐために、同行する日本人従業員の家族の立ち入りを厳しく制限していました。

共同通信によると、これらの家族がなんとか中国に入国したとしても、北京以外の都市に到着してから21日間、指定された施設で隔離されなければならず、2020年3月以降、日本と首都間の直行便はすべて停止されます。 。
さらに、保健当局は、検疫中の人々が部屋を離れることを完全に禁止しており、中国を訪問することを恥じて、屋外で遊ぶために実際に継ぎ目で破裂している小さな子供を持つ家族を作ります。
また、北京政府は、12月に本土でオミクロン変異体の最初の感染が確認された後、ウイルス対策を強化しようとしているため、強制検疫期間を21日から延長する可能性があるという懸念も高まっています。
一方、北京で月初めの1週間の祝日が過ぎた後、COVID-19の症例が急増したとき、市当局は日本人を含む住民に必要な場合を除いて首都を離れないように求めた。
さらに、共同通信によると、地方自治体は、新たな感染が確認された地域の人々の北京への立ち入りを禁止し、北京への訪問者は、48時間以内に行われたPCR検査の陰性証明書を取得することを余儀なくされました。 (アニ)

READ  ホノルルマラソンは9,000人のランナーで開催されます