Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国のmRNAワクチン会社Apogenとの投資交渉におけるソフトバンク-情報源

SoftBank Group Corpのロゴは、2017年7月20日に東京で開催されるSoftBank World Conference2017に表示されます。REUTERS/加藤一世

今すぐ登録して、reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

香港/北京(ロイター)-中国のRNAワクチン開発者である蘇州アポゲンバイオサイエンスは、日本のソフトバンク(9434T)や他の投資家と協議して、3億ドルから4億ドルの資金を調達していると情報筋は語った。

情報がまだ発表されていないために名前を挙げられなかった2人によると、金額は変わるかもしれないが、Abogenによる資金調達プロセスは最終段階にある。

ソフトバンクがどれだけの規模の投資を計画しているのかはすぐには明らかではないが、第三者は日本の投資会社が最新の資金調達ラウンドを主導する計画だと述べた。

今すぐ登録して、reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

シンガポールの国家投資家であるテマセクホールディングス(TEM.UL)やヒルハウスが支援するGLベンチャーズなどの投資家から8月に7億ドル以上を調達した蘇州を拠点とする会社は、現在までに約200億元(31億ドル)の評価を目標としていました。 募金活動、ある人は言った。

Abogenは、中国陸軍研究所およびWalvax Biotechnology(300142.SZ)と、mRNA技術を使用したCOVID-19ワクチンを共同開発しています。

Walvaxによると、潜在的なワクチンはネパール、メキシコ、インドネシアで第3相臨床試験を開始する承認を獲得しており、中国が検討しているmRNAワクチン候補の中で臨床開発の最も進んだ段階にあります。

ARCoVと呼ばれる候補者は、初期段階の試験からのピアレビューデータをまだ発表していませんが、さまざまな技術に基づくワクチンを接種された人の追加接種としてテストされるために、中国で規制当局の認可を受けています。

ソフトバンクはコメントを控えた。 アボゲンはロイターのコメント要請にすぐには応じなかった。

(ドル= 6.3888中国人民元)

今すぐ登録して、reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(Julie Zhou、Ken Woo、Roxanne Liuによる追加レポート)

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  Apple Air、Amazon Fire HD、Samsungデバイスでの今日のライブディール