Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国は尖閣諸島における日欧の立場に不満を表明している

中国外務省のスポークスウーマン、趙麗江は、2022年3月18日に中国の北京で行われた記者会見で講演しました。 ロイター/カルロスガルシアローリンズ/ファイル写真

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

北京、5月13日(ロイター)-中国外務省のスポークスマン、趙立堅は金曜日、日中の地域紛争に関するEUと日本の共同声明は、中国を称賛し、中国の内政に干渉する試みであると述べた。

東京でのEUと中国の合同サミットに続いて発表された声明は、日本の尖閣諸島として知られる紛争中の東シナ海の島々を取り巻く状況への懸念を表明した。 中国はまた、ディオウとして知られている島々を主張しています。 続きを読む

「日本とEUは会議で中国関連の問題について推測し、中国を侮辱し、中国を侮辱し、中国の内政に干渉し、地域紛争を引き起こしている」と趙氏は北京での定例会議で語った。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

「中国はこれに強く反対しており、関係者に対してすでに確固たる表明を行っている」と語った。

EU首脳は木曜日に東京で、EUを「緊張のフォーラム」と呼び、多国間世界秩序を擁護するための北京からの呼びかけにもかかわらず、ますます決意を固める中国に警告し、EUがアジアの主要プレーヤーになることを望んでいると述べた。

日周首脳会談には、ウルズラ・ファン・デル・ライエン欧州委員会委員長、シャルル・ミシェル欧州理事会議長、岸田文雄首相が出席した。

欧州の両首脳は、中国とロシアの緊密な関係について警告し、世界のあらゆる地域の状況を変える一方的な動きを非難した。

彼らの首脳会談の報告は、香港と新疆ウイグル自治区の状況を含む、中国に関するEUと日本の交流を深めるだろう。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

北京のマーティン・ポラードとエドゥアルド・バプティスタによる報告と執筆。 ジョンストーンストリートとアレックスリチャードソンによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  IAEAの専門家が福島の放水プロジェクトを研究するために日本に到着