Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国は日本、米国、韓国の関係を変えようとしている。 彼は経済を刺激するためにトップに立つ機会を探している

中国は日本、米国、韓国の関係を変えようとしている。 彼は経済を刺激するためにトップに立つ機会を探している

AP経由でプールの写真
中国の李強首相は月曜日、ソウルでの共同記者会見で演説した。

【ソウル】中国が先ごろ行われた日韓首脳会談に出席したのは、両国との交流を拡大することで、低迷が続く経済活性化の機会とする狙いとみられる。

中国と米国の対立を背景に、中国政府は日米韓の間にくさびを打ち込む狙いもあるとみられる。

中国の李強首相は月曜の会談で、三国が「経済貿易のつながりを深め、産業チェーンとサプライチェーンの安定性と円滑性を維持し、中日韓自由貿易協定の交渉を再開し完了させる」ために努力することを提案した。 。」 自由貿易協定)をできるだけ早く締結する。」

3首脳は共同声明に自由貿易協定署名に向けた交渉を加速する文言も盛り込んだ。

中国共産党が一党支配を維持するためには、持続可能な経済発展が基本的に必要である。 李氏は日曜、韓国のサムスン電子最高経営責任者(CEO)に対し、外国投資企業は中国の発展にとって極めて重要な力であると語り、同社による投資拡大を促した。

日本、中国、韓国のGDPを合計すると、世界全体の20%以上に相当します。 中国は経済活性化のため、貿易拡大につながる3カ国自由貿易協定の締結に大きな期待を寄せている。 中国は日本と韓国を抱き込むことで、アジア太平洋地域に米国抜きの経済圏創設を目指す可能性がある。

中国は、日本、米国、韓国が安全保障上の関係を強化する中で、その安全保障同盟を破壊したいと考えている可能性が高い。

李氏は共同記者会見で、中国、日本、韓国が「戦略的コミュニケーションを強化し、相互の政治的信頼を深める」よう努力するよう提案した。 同氏はまた、台湾への絡みを強める米国やその他の国への警告として、「各当事者の基本的利益と重大な懸念を考慮」し「真の多国間主義に取り​​組む」必要性にも触れた。

しかし、習近平政権は日本と韓国が中国と簡単に和解するとは考えていない。 中国は日本、米国、韓国とのバランスをとるため、北朝鮮やロシアとの関係を強化し続けると予想される。

READ  円安で日本からの輸入が増加し、インフレ懸念が高まる