Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国は日本から帰国したウイグル人研究者の死を非難した| ボイスオブアメリカ

2020年12月に新疆ウイグル自治区の拘置所でウイグル植物生物学者が不審に死亡したことがソーシャルメディアで注目を集めています。

ミリー・アーキンさん(29歳)は、2019年6月に日本の奈良工科大学での仕事を辞め、新疆ウイグル自治区での両親の安全を懸念して中国に戻りました。 彼は恣意的に拘留され、2020年2月にカシュガルのヤンブロック拘置所に送られました。

彼の親戚は彼の死について中国当局を非難している。 中国はウイグル人の迫害のすべての主張を否定し、過激派を不安定にする拘留キャンプを「産業企業」と呼んでいます。

ノルウェーのウイグル人権活動家であるエルドアン首相の叔父は、「義理の娘ミフリが中国当局に殺害されてから6か月後にこのニュースを知ったが、彼女が本当の墓を持っているかどうかはわからない」と述べた。

ジョブは先週、ウイグル人活動家とソーシャルメディアキャンペーンを開始し、アーキンを強調し、中国が彼の死を取り巻く状況を解放するよう要求した。

父と叔母が拘束された

MihryErkinの父親である元中国政府高官のErkinAyubと、彼の叔母である元高校教師のSajid Kul Ayubは、中国当局によって2年近く新疆ウイグル自治区に拘留された。

2人兄弟の長男であるアーキンは、東京大学で植物生物学の修士号を取得するために、2014年に日本に移住しました。

Abdouli Ayubは、新疆ウイグル自治区に戻ることに対してErkinに警告したと述べたが、地元の中国警察が母親を誘惑するために使用した後のアドバイスを無視した。 彼女が去る前に彼女が彼に言った最後の言葉は、「私が死んだら、私が墓を持っていれば、花束が私の墓をマークするだろう」でした。

「義理の娘が亡くなりました [a] 拘置所、および彼の父と叔母は懲役12年と14年の刑を宣告された」と彼は述べた。 アーキンの母親と兄弟が彼らとの接触を失ったために拘留されたかどうかは不明である。

北京のウイグル人迫害は30カ国近くに及んでいると報告書は発見

新しい調査によると、北京は2017年以降、海外でウイグル人への迫害を強化している

アムネスティ・インターナショナルによる7月10日の報告によると、ウイグル人や新疆ウイグル自治区の他のイスラム教徒の少数派グループに対する中国の攻撃的な行動は「人道に対する罪」である。

「中国当局は、世界で最も洗練された監視システムの1つと、新疆ウイグル自治区全体の何百もの厳格な「変革を通じた教育」センター、実際には拘留キャンプの広大なネットワークを構築しました。」 報告書 前記。

6月11日に北京で行われた記者会見で、中国外務省のスポークスマンWang Wenpinは、新疆ウイグル自治区についての「嘘」で国民を誤解させたとして警備員を非難した。

「そのいわゆる報告は、その 『嘘の記録』に別のページを追加するようなものだ」と王はアムネスティ・インターナショナルの報告について述べた。

王も新疆ウイグル自治区の当局者も、エルキンが拘留中にどのように死んだかについての情報を求めるウイグル人活動家の要求に応じなかった。

移民ターゲット

米国のウイグル人権利活動家であり、ワシントンを拠点とするウイグル人キャンペーンのマネージングディレクターであるルシャン・アッバス氏は、北京のエルギンの運命は、新疆ウイグル自治区での人権侵害について話すウイグル人ディアスポラのメンバーを標的にするために成長しているとVOAに語った。

「ミヒリヤ、アブドラ、そして世界中の何百万人ものウイグル人に対する同じ恐れと試練に直面することは私の心を痛めます」とアッバスはVOAに語った。

中国で引退した医師である彼の妹のKulshanAbbasは、恣意的に拘留され、2019年から20年の懲役刑を言い渡されました。

「姉が怖くて、強くなることを祈っていますが、姉と人々への愛情は、私に一生懸命戦う力を与えてくれます」とアッバスは語った。

ワンステップ 共同報告 中央アジア問題アクセス協会とウイグル人権プログラムによって最近解放された多くの駐在員ウイグル人は、政府によってウェチャットまたは親戚からの電話で帰国するように奨励されており、到着時に逮捕される予定です。

READ  iPhone遠隔監視ツール