Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国は日本に北京オリンピックを外交的にボイコットしないよう要請する

中国は木曜日、米国や他の民主主義国が冬季オリンピックの「外交ボイコット」を実施するかどうかを検討しているため、日本に北京オリンピックを支援するよう要請した。

中国外務省の趙立堅スポークスマンは記者団に対し、「中国は今年の夏、東京オリンピックの開催において日本を全面的に支援した」ため、「日本は基本的な信念を持っているに違いない」と語った。

先週、ジョー・バイデン米国大統領は、来年2月に予定されている北京オリンピックの外交ボイコットを検討していることを認め、米国政府の代表者が世界的なスポーツイベントに参加しないことを示した。

米国のアスリートの参加に影響を与えないボイコットは、ワシントンが「虐殺」と表現した新疆ウイグル自治区の最西端地域でのウイグル人イスラム教徒に対する中国の人権侵害の申し立てへの対応と見られている。

シドニー・モーニング・ヘラルドはまた、オーストラリアが元副首相と関係を持っていると主張した中国のテニススター、彭帥の福祉に対する懸念の中で、北京大会の外交的ボイコットを検討していると報じた。

中国は日本のスポーツの政治化に「強く反対」していると趙氏は述べ、アジア両国はオリンピックの「相互支援に関する重要な合意」を持つべきだと付け加えた。

日中関係を強化するために活動している党派の議員グループの議長を務めた林芳正外相は水曜日、北京オリンピックの外交的ボイコットについて現時点では決定がなされていないと述べた。

しかし、東京と北京は領土問題と人権をめぐって対立しているため、日本の与党自民党の一部の政治家は岸田文雄首相率いる政府に外交ボイコットについて議論するよう要請した。


関連する報道:

オーストラリアは北京オリンピックの外交ボイコットを検討している:報告

日本の外相は、中国訪問については決定がなされていないと述べた

国際オリンピック委員会は、テニス選手の招待で中国のプロパガンダの宣伝を批判した


READ  サンチョはユーロ2020に先立ってマンチェスター・ユナイテッドとの契約を迫る、ハーランドはカバーニとの契約後はありそうもない、ヒートンは「参加する準備ができている」