Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国は日本に靖国神社の軍国主義を打破するよう求めている



ANI |
更新しました:
2021年10月18日22:53 がある

北京 [China]10月18日(ANI):中国外務省のスポークスマン、趙立堅は、日本は靖国神殿などの歴史的問題に対する言葉と行動を慎重に行い、軍国主義をきれいに打ち破るべきだと述べた。
趙立堅は、月曜日の毎日の記者会見で、岸田文雄首相が有名な靖国神殿に儀式の供物を送ったという質問に答えて発言しました。 新華社によると、この寺院は第二次世界大戦で有罪判決を受けた14人の日本の戦争犯罪者に仕えています。

趙は、靖国神殿事件における日本の最近の動きは、その侵略の歴史における「その間違ったアプローチ」を反映していると強調し、趙は「中国の外交ルートを通じてこれについて具体的な表現を提供した」と付け加えた。
彼はまた、東京はその声明を積極的に遵守しなければならず、その侵略の歴史に立ち向かい、反映することを約束しなければならないと強調した。
趙氏は、日本は靖国神殿などの歴史的問題に関する日本の言動に警戒すべきであると強調し、東京は軍国主義との明確なギャップを確立し、アジアの近隣諸国や国際社会の信頼を勝ち取るための具体的な措置を講じるべきだと付け加えた。 。 (ANI)

READ  TVIDS-ニュース-「ヘッドスタート」配偶者のための日本のオリエンテーションクラスキャンプがジャマで再開