Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国は最先端のグリーンテクノロジー研究で米国を上回っています

東京-日経の調査によると、中国は温室効果ガスから離れた世界的なピボットに関連する技術について発表された研究論文の数で世界をリードしており、品質と影響において米国に後れを取っています。

中国は、2015年から2020年の間に7,000を超えるジャーナルにまたがる8,200万を超える記事のオランダの出版社エルゼビアのデータベースで、太陽電池や人工光合成を含む18の研究分野のうち16で、他のどの国よりも多くの論文を作成しました。

この研究は、脱炭素化が技術的優位性を争う世界2大経済の戦場となる中国と米国が支配する研究環境を実証しました。

中国は、再生可能エネルギーの普及に不可欠であると見なされているバッテリー貯蔵に関連する分野で特に強力なリーダーシップを発揮してきました。 データベースには、中国のリチウムイオン電池に関する研究論文が米国の3倍以上、ナトリウムイオン電池とカリウムイオン電池に関する研究論文が5〜6倍含まれており、より安価な次世代オプションとして期待されています。 。

中国はまた、太陽電池用の紙の米国の2倍の収量を持ち、ペロブスカイトを使用するセルの数を3倍にしました。 研究で人気のある電気自動車は、世界最大の市場である中国であり、強力なリーダーシップを発揮しました。

調査した18の分野のうち、地熱エネルギーとエネルギー効率の高い半導体を運転したのは米国の研究者だけであり、それでもマージンは薄かった。

出版年や論文の種類などを考慮し、論文の引用回数に基づいて計算された検索品質に関しては、米国が中国全体をリードし、個々の検索地域で世界平均を上回りました。

しかし、中国の研究はこの面でくしゃみをするものではなく、ほとんどの分野で平均を満たしているか上回っており、人工光合成とバイオマスエネルギーで米国を上回っています。

中国の東莞で製造された自動車用バッテリー:中国は、バッテリー技術に関連する研究論文の最大の生産国です。 ©ロイター

日本はいくつかの分野で力強い成果を上げており、合成生合成、燃料電池化合物、アンモニアで3位、省エネ半導体とペロブスカイト電池で4位でした。 しかし、特に再生可能エネルギーの発電では大幅に遅れており、風力、水力、地熱のトップ10から外れています。

国は特許でうまくいった。 日本の経済産業省の脱炭素技術に関する資料によると、日本は水素、自動車、バッテリーなどの分野で特許の世界的リーダーであり、自動車メーカーの競争力を維持するのに役立っています。 しかし、中国はここでも上位にランクされており、これらのカテゴリーの多くで2番目にランクされています。

日本の国立科学技術政策研究所によると、中国政府は2018年に政府の研究機関、大学、その他の機関での研究を支援するために約2,500億ドルを割り当てました。 これは、世界で2番目に支出が多く、2019年の予算が約1,400億ドルだった米国をはるかに上回っています。

洗練された研究開発は、産業開発の主要な貢献者です。 たとえば、リチウムイオン電池に関する最初の科学論文は1980年代に発表されました。 技術は、長年の研究の後、2000年代までに遍在するようになりましたが、早い段階でこの分野に関与した企業は、依然として産業部門で重要な役割を果たしています。

日本は、1990年代のある時点で、自然科学の研究論文の数で米国に次ぐ2位にランクされましたが、その結果を永続的な産業上の優位性に活用するのに苦労しました。 政府は、大学や他の機関での科学的成果が企業と共有されることを保証する必要があります。

READ  日本の町はCOVID-19救済のための資金で巨大なイカを作ります