Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国は2033年に最初の有人ミッションを火星に送る予定です

天舟2号の無人宇宙補給機を搭載した長征7号のY3キャリアロケットは、2021年5月29日、中国海南省文昌の文昌宇宙補給機の打ち上げ地点から離陸します。

ユアン・チェン| VCG | ゲッティイメージズ

広州、中国-中国は、米国との戦いで宇宙への野心を前進させ続けているため、2033年に最初の有人ミッションを火星に送る予定です。

世界で2番目に大きな経済は、赤い惑星への定期的な有人ミッションを計画しています。

アカデミーによると、国営の中国運載火箭技術アカデミーの長である王暁君は、今月初めてロシアでの宇宙会議で火星の計画を概説した。

わずか数週間で来る 中国はZhurongと呼ばれる遠隔操作車両で火星に着陸しました、米国に次ぐ唯一の国になります。

王氏は、中国の計画の最初のステップは、ロボットを使用して火星を探索し、火星の表面のサンプルを採取し、基地を建設する場所を選択するのを助けることだと述べた。 次の段階は、火星に宇宙飛行士を派遣して基地局を建設することです。 それから中国は地球から火星への大規模な貨物ミッションを望んでいます。

中国はそのような任務のために2033、2035、2037、2041および2043を指定し、宇宙飛行士を地球に戻すための技術を探求すると述べた。

アカデミーは火星への旅行は「数百日」かかるだろうと言いました。

火星に対する中国の目標の発表は、一連の成功した宇宙ミッションに続くものです。 中国は 彼女は自分の宇宙ステーションを作り始めました そして今月初め そこに宇宙飛行士を送ります。 中国が2016年以来、有人ミッションを宇宙に派遣したのはこれが初めてでした。

今週初め、中国の習近平国家主席は宇宙飛行士に話しかけ、彼らを祝福し、国の宇宙への野心が上からどのように支持されているかを強調した。 宇宙は中国がリードしたい分野です 米国とのより広範な技術的戦いの一環として

NASAは、2030年代に火星に人間を送ることを計画していると言います。

READ  ハッブル宇宙望遠鏡の寿命:NASAの修正電源バックアップ機器