Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国ニュース:「傲慢な」日本は、台湾の紛争に巻き込まれたり、「打撃」に直面したりしないよう警告している世界| ニュース

先週の金曜日、米国のジョー・バイデン大統領と日本の菅義偉首相は、ホワイトハウスでの会談後の声明で「台湾海峡全体の平和と安定」を求めた。 両国首脳が共同声明で台湾に言及したのは1969年以来のことでした。 この声明は、中国が民主的な島嶼国の強力な併合を検討するかもしれないという憶測と懸念の高まりに応えて出された。

菅氏は、帰国後、ホワイトハウスの発表は「軍事的関与を一切前提としていない」と主張した。

中国の国営「環球時報」紙の意見記事で、胡志人氏は日本の首相の説明を「賢明な」動きだと述べたが、「台湾問題について傲慢に行動したい過激派もまだいる」と述べた。 「」

「これらの傲慢な日本の過激派に言わなければならない。台湾海峡で戦争が勃発し、日本の自衛隊が米国を追跡するために軍事介入を行うならば、彼らは間違いなく中国人民解放軍の標的になるだろう。 」と新聞の編集者は続けた。

「彼らが深く関わっていればいるほど、彼らはより強力になり、さらにはそれ以上になります。

「日本の土壌にある彼らの基地が先駆者であるならば、これらの基地も攻撃するでしょう。

「彼らは台湾問題に干渉しているという彼らの幻想を完全に放棄すべきだ」と彼は付け加えた。

彼は不吉なことに、「台湾海峡で何か問題が発生したらすぐに、近づかないでください。さもないと、ストライキを呼びかけます」と付け加えました。

続きを読む:「私じゃない!」 アンゲラ・メルケルは、恥ずべきワイヤーカードを要求することを否定します

北京は台湾を独立国として認めたことはなく、台湾は中国の一部であると主張している。

先週の火曜日、中国の李玉城副外相は、台湾の独立についての最新の一連の厳しい警告を発表した。

AP通信とのインタビューで、彼は北京が「台湾が独立することを決して許さない」と繰り返した。

READ  どこにも行かない道:モンテネグロは、270マイルの高速道路が故障したために中国のポケットから10億ドルを費やしています。