Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国外相は、日本が施設建設前に核兵器で汚染された水を投棄することに強い反対を繰り返した

Hua Chunying のファイル写真: CGTN

先週の水曜日、中国外務省は、廃棄施設の建設が木曜日に開始されると報告されたため、福島原子力発電所から核兵器で汚染された水を海に放出するという日本政府の一方的な決定に対する強い懸念と反対を繰り返した。 .

共同通信によると、東京電力は水曜日、福島原発からの処理水を海に排出するための海底トンネルなどの建設を木曜日に開始すると発表した。

中国外務省の華春瑩報道官は、核兵器不拡散条約締約国再検討会議での日本の岸田文雄首相の発言についてコメントを求められた際、核汚染水を恣意的に投棄した日本の非常に無責任な行為に対する中国の批判を繰り返した。 . (核不拡散条約)。

岸田氏は会議で、日本は国際社会と緊密に協力して、国内および国際的な安全保障基準に従って透明性のある方法でその取り組みを進めると述べた。

中国代表団を率いて会議に出席した中国外務省軍備管理局のフー・コン局長は、日本政府は非核化に関する近隣諸国や国際社会の正当な懸念に真剣に対応すべきだと述べた。 関係者や関連する国際機関との十分な協議を通じて、汚染された水に対処するための適切な方法を見つけること。

「核エネルギーの平和利用は、自然環境と人間の健康を犠牲にしてはならない」とフー氏は強調した。

フア氏は、処分計画の合法性、日本のデータの信頼性、処理システムの有効性、環境への影響に関する不確実性など、排出計画について日本国民と国際社会が提起した疑問と懸念に言及した。

フア氏は、放射能汚染水を科学的、オープン、透明かつ安全な方法で処理する適切な方法が見つかるまで、放出を開始しないよう日本に要請した。

日本のフクシマ放出計画に対する大きな懸念の中で、中部日本の別の原子力発電所が月曜日に放射性元素を含む約7トンの水を漏らした。

関西電力によると、福井県美浜原子力発電所美浜3号機から漏れた放射能は約220万ベクレル。

日本政府は、2021 年 4 月に福島原子力発電所から核兵器で汚染された水を海に排出することを決定しました。この計画は 7 月 22 日に日本の原子力規制当局から正式な承認を受け、2023 年春に開始される予定です。

READ  NASAは、永続的な火星探査機が「独特の」粉状の岩のために最初のサンプリングの試みに失敗することを発見しました