Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国当局は、米国の経済的強制の「選択的記憶喪失」を標的にしています

趙立堅 写真:VCG

中国外務省の趙立堅報道官は月曜日、1980年代の米国による日本に対する経済的強制による日本の「選択的記憶喪失」と、米国に対する「盲目的な服従」に焦点を当て、日本と米国に対し、他国の利益を標的にして害を及ぼすのをやめるよう促した。 . .

このコメントは、アンソニー・ブリンケン米国務長官が、日米「2+2」経済フォーラムで、中国の強制的な経済政策は、開放的で包摂的でルールに基づく国際経済秩序と両立しないと同盟国は考えていると述べた後に出された。イギリスのガーディアン紙。 マスコミ報道。

月曜日の定例記者会見での発言について、趙氏は、米国とは異なり、中国は開放性と相互利益にコミットしており、貿易戦争や他国の企業の抑圧に関与したことはないと述べた。

一方、趙氏は、米国は経済制裁や技術障壁を課し、外国企業が経済的優位性を維持することを抑圧するために全力を尽くしてきたが、これは市場法だけでなく、国際貿易ルールにも反するものだと述べた。

最近、米国は日本に対し、サプライチェーンの「セキュリティ」のためのさまざまなプラットフォームに参加するよう圧力をかけてきました。 米国と日本は金曜日に「2+2経済フォーラム」を開催し、中国からのサプライチェーンを多様化し、中国とのハイテク競争を激化させることを目的として、経済問題に関する両国の戦略的協力を拡大した。

皮肉なことに、日本自体が米国による経済的強制の犠牲者になっている、と趙氏は語った。

1980 年代以降、米国は日本に対して繰り返し経済制裁を課し、日本の競争力のある産業を可能な限り抑圧し、さらには日本経済の大きな構造変化を助長してきました。

「困惑しているのは、なぜ日本側が選択的記憶喪失や盲目的な服従さえ選んだのかということだ」と趙氏は述べ、両国に貿易の政治化をやめるよう求めた.

趙氏は「米国と日本に対し、貿易や技術の問題を政治化して武器化したり、安全保障上の懸念を言い訳に過度に利用したりして、第三者の利益を標的にしたり害したりすることをやめるよう強く求める」と述べた。

グローバルタイムズ

READ  食料安全保障は現在、G20協力の最優先事項です