Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国海警局の4隻が尖閣諸島の日本海域に入る

2022年の最初の侵入では、4隻の中国海警局が東シナ海の尖閣諸島周辺の日本の海域を土曜日に1時間以上航海しました。

沿岸日本によると、尖閣諸島のクバ島南東部の日本海域に、午前10時から午前10時20分頃に出港し、島の北東部の午前11時45分から正午頃に出港した。 ジャパンタイムズが報じたところによると、那覇にある第11親衛ベルリンの地域本部。

これは、今年、中国政府の船によるそのような介入の最初のものです。 中国は沖縄県の日本が管理する島々を主張し、それらを釣魚島と呼んでいます。

尖閣諸島周辺の海域での中国の活動が活発化する中、最近、日本と中国の間で尖閣諸島をめぐる緊張が高まっている。

日本は島々を支配しています。 日本政府は、それが日本の領土の不可分の一部であると主張します。 その間、それは中国と台湾の両方によって主張されています。

中国は海事活動を増やしています。 昨年2月、州は沿岸警備隊が国の海域に不法に侵入していると述べている外国船を強制的に撤去し、特定の命令に従わない場合は武器を使用することを許可する法律を制定しました。

(このレポートのタイトルと画像は、ビジネススタンダードのスタッフのみが作り直した可能性があります。残りのコンテンツは共有フィードから自動的に生成されます。)

親愛なる読者、

ビジネススタンダードは常に、あなたにとって重要であり、国と世界に幅広い政治的および経済的影響を与える開発に関する最新の情報と解説を提供するよう努めてきました。 私たちが提供物をどのように改善できるかについてのあなたの継続的な励ましとフィードバックは、私たちの決意とこれらの理想への私たちのコミットメントをさらに強くしました。 Covid-19によってもたらされたこれらの困難な時期でも、信頼できるニュース、信頼できる意見、関連するトピックの問題に関する洞察に満ちた解説で最新の状態に保つことに引き続き取り組んでいます。
ただ、お願いがあります。

パンデミックの経済的影響と戦うため、より質の高いコンテンツを提供し続けることができるように、さらに多くのサポートが必要です。 私たちのサブスクリプションフォームは、私たちのコンテンツをオンラインでサブスクライブしている多くの皆さんからの励ましの応答を見てきました。 オンラインコンテンツをさらに購読することは、より良い、より関連性の高いコンテンツを提供するという私たちの目標を達成するのに役立つだけです。 私たちは、自由で公正かつ信頼できるジャーナリズムを信じています。 より多くのサブスクリプションでのあなたのサポートは、私たちがコミットしているジャーナリズムを実践するのに役立ちます。

質の高いプレスをサポートし、 ビジネススタンダードを購読する

デジタル出版社

READ  2022年第2四半期のアドビ収益(ADBE)