Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国:医師が手術中に患者を殴ったことに怒り

中国:医師が手術中に患者を殴ったことに怒り

写真にコメントして、

事件のクリップはここ数日、中国のソーシャルメディアで拡散した

中国当局は、外科医が当時手術していた患者を殴打した事件を巡り、病院を捜査している。

それは今週中国のソーシャルメディアで広まったクリップに収められており、オンラインで怒りを引き起こした。

病院の親団体であるアイアール・チャイナは、2019年に事件が起きた病院の外科医を停職にし、CEOを解任した。

BBCは中国国際航空にコメントを求めた。

このビデオには、外科医が目の手術中に患者の頭を少なくとも3回殴っている様子が映っている。

眼科病院チェーンを運営する中国国際航空は、事故は中国南西部貴港市にある同社の病院での手術中に発生したと発表した。

患者は82歳の女性で、「手術中、局所麻酔のため、患者は不耐症に苦しんだ」という。 彼らの供述によれば、彼女は頭と眼球を数回動かしました。

患者は地元の方言しか話せず、北京語での医師の警告に反応しなかったようだったため、外科医は「緊急事態において患者を厳しく扱った」という。 地元当局によると、患者は額に打撲傷を負ったという。

地元メディアに語った患者の息子によると、手術後、病院当局は謝罪し、500元(70ドル、55ポンド)の賠償金を支払ったという。 また、母親は現在左目を失明しているが、それが事故によるものかどうかは明らかではないとも語った。

中国国際航空は、病院が本社に事件を報告しなかったと述べた。 木曜日、同病院は、その他の不特定の犯罪を含む「グループの規則に対する重大な違反」を理由に、貴陽病院のCEOの解任と、同病院の院長でもある外科医の停職処分を発表した。

この事件は2019年12月に発生したが、著名な中国人医師アイ・フェン氏が手術の監視カメラ映像を共有したことで今週になって初めて世間の注目を集めた。

武漢で最初にコロナウイルスが発生したことを国民に警告した医師グループの一人であるアイ医師は、200万人以上のフォロワーがいる自身の微博アカウントにこのクリップを投稿した。

アイ医師は2021年に中国アイアール病院の1つで手術を受けて以来、同社との法的紛争に巻き込まれている。 彼女は手術のせいで片目がほとんど失明したと主張したが、中国国際航空はこの主張を否定した。

READ  イランは、国際原子力機関の原子力施設への参入は終了したと述べています中東ニュース