Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中央ヨーロッパ諸国は、インフラプロジェクトに対する日本の支援を求めています



日本の外務大臣であるモデキトシミツ(Lから2番目)は、2021年5月7日にワルシャワで、ポーランド、チェコ共和国、ハンガリー、スロバキアの同僚と一緒に撮影されました。 (写真提供:外務省/京都)

東京(京都)-金曜日、中央ヨーロッパ4カ国の外相は、アドリア海、バルト海、黒海の間の地域のインフラ開発の改善に日本が協力することを要求した。

ワルシャワでの会合で、モデギ外相は、ポーランド、チェコ共和国、ハンガリー、スロバキアの日本のカウンターパートに、日本はいわゆる3つの海事イニシアチブへのコミットメントを検討すると述べた。

このイニシアチブ(3SI)は、国境を越えたエネルギー、輸送、通信、デジタルインフラストラクチャを拡大し、経済成長を促進して中央および東ヨーロッパの接続性を高め、成長ギャップを狭めることを目的とした12か国のヨーロッパのイニシアチブです。

中国が中欧4カ国や他のEU加盟国との経済関係を強化する中、茂木と4人の大臣は、27カ国の地域である東京の質の高いインフラを改善するために日本と欧州連合の間の調整を加速することに合意した。 州では。

双方は、COVID-19の流行と闘うための取り組みの一環として、コロナウイルスワクチンへの平等なアクセスを確保し、世界保健機関を改革することを約束しました。

安全保障に関して、茂木首相と四大臣は、中欧および東欧の主要な援助供与国および投資家としての影響力を強めている中国の隠れた対抗策として、法の下で独立した開かれた国際秩序を強化することの重要性を認めた。 そしてビジネスパートナー。

モデキは、北京の人権侵害と新疆自治区のウイグル人イスラム教徒の少数派に対する香港の状況について深刻な懸念を表明した。

双方は、北朝鮮に対する国連制裁を完全に実施することを約束した。 同省は、北朝鮮が大量破壊兵器と弾道ミサイルを完全に検証可能かつ不可逆的な方法で撤去することを余儀なくされたと述べた。

3つのSIメンバーは、オーストリア、ブルガリア、クロアチア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、スロベニアの4か国です。

READ  日本の太平洋側では大地震のリスクが高い