Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中日本は国際的なスタートアップに支援と機会を提供する取り組みを発表

中日本は国際的なスタートアップに支援と機会を提供する取り組みを発表

自動車大国トヨタの本拠地である愛知県は、空と陸の移動が統合される未来に向けて活性化を進めている。 しかし、この変化は国際的なスタートアップにとってどのようなチャンスをもたらすのでしょうか?

トヨタ、デンソー、ヤマハなどの複合企業の本社があることで知られる愛知県は、名古屋と浜松地域(総称して中部日本)と同様の役割を果たしています。 彼らは、国内外のスタートアップ企業がショップを立ち上げ、成長し、イノベーション エコシステムに貢献できるよう積極的に後押ししています。

中日本スタートアップ・エコシステム協議会 中日本経済コンソーシアムは、名古屋大学、愛知県、名古屋市、浜松市などの団体と協力して設立されました。 このコンソーシアムの目標は、クラス最高のイノベーション エコシステムを世界的に構築することです。

2027年には東京と名古屋を結ぶ中央新幹線が開通し、両都市間の移動時間が40分に短縮される予定で、この地域にはフランスのGDPに匹敵する経済拠点の誕生が期待されている。 ヘルスケアや農業などの分野では革新的なプロジェクトがすでに進行中ですが、現在注目を集めているのはモビリティ分野の新興産業です。

12月13日、名古屋イノベーターズガレージにて「モビリティの価値多様化~陸から空へ~」をテーマにしたイベントが開催された。 このイベントには、革新的なプロジェクトを実行する国内外のスタートアップが参加しました。

中心的な関心事でした 環境に配慮した交通に関するあいち2030宣言は、航空輸送と陸上輸送の統合を目的とした、政府、大企業、新興企業の共同プロジェクトです。 このプログラムは、ドローンや空飛ぶ車などの航空モビリティ技術の商業化を加速し、それらを市場に投入し、自律型地上車両の運用と統合することを目指しています。 この課題の前例のない性質を考慮して、愛知市と名古屋市は日本政府と積極的に連携するとともに、民間部門と協力してプロジェクトの推進を促進しています。

日本のスタートアップ企業が政府に提案する一連の新たなプロジェクトが立ち上がる準備が整っている。 これらのスキームが採用されれば、スタートアップの事業成長や事業化に大きく貢献することになる。 中部局長で日本貿易振興機構(ジェトロ)名古屋所長の平野修一氏と、名古屋市経済局イノベーション部イノベーション部創業支援室の鷲見俊夫室長は、この地域を強調した。 。 外国企業や外国起業家をベンチャーに関与させることに尽力する。

愛知と中部地方の魅力を探るため、スタートアップがこれらの地域で直面する可能性のある課題と活用できるリソースを探ります。 36Kr 日本 現在地元産業に関与しているモビリティ企業 3 社の代表者にインタビューしました。

  • ヴィタリー・ベンテコフ 彼はグループの最高経営責任者です アーバンチェーンは、香港の統合スマート パーキング管理会社で、そのソリューションを日本の名古屋に導入しました。 同社は、愛知県とジェトロの支援を受けて、現在、名古屋鉄道とソリューションのテストを行っている。
  • 戸谷俊介 のCEOです プロトロンは、産業用ドローンの研究開発とソリューションを提供する日本の大手プロバイダーです。 ソフトウェアとハ​​ードウェアの両方の開発を専門とする同社は、政府や海外の新興企業との共同プロジェクトに積極的に取り組んでいます。
  • ソーサ・ファビオ のCEOです 結晶日本の自動車メーカーおよび一流サプライヤー向けの自動車システム開発を専門とする会社。 クリスタルは今年、愛知県とトヨタファイナンシャルサービスの支援を受け、電動スクーターシェアリングサービス「Su_i(スーアイ)」を開始した。

魅力的な地価とスタートアップ向けの合弁事業

モバイル輸送は車やドローンなどのハードウェアと結びついています。 ハードウェア中心の企業は通常、製造に多くのスペースと人材を必要とします。 東京や関西地域に比べて、中部地方は魅力的な価格で土地を手に入れることができます。

さらに、愛知県は世界的な自動車部品メーカーであるデンソーなどの大手企業の本拠地であり、人材を惹きつけています。 この地域の統治機関は、最近のモビリティ開発にも完全に連携しており、革新的な試験やパイロットプロジェクトに政策的および財政的支援を提供しています。 たとえば、日本の中部の都市ではハイエンドの自動運転プロジェクトが数多く登場しており、日本人のデジタルリテラシーが向上しています。

また、日本はデジタルトランスフォーメーションや人工知能などの分野における最新の技術開発にも徐々に追いつきつつあります。 資金力のある日本の大手企業が、自社の技術力と日本の製造能力を融合させるために海外のスタートアップに注目しているため、スタートアップが新たな成長の道を切り開くことが期待できる。

全員参加

スーザは言った。 36Kr 日本 彼は中部日本の政府やスタートアップ支援団体の温かさと真剣さを感じている。 例えば、愛知県庁はトヨタ関連の主要工場と協力し、クリスタルに多大な支援を提供した。 同社の最新製品「Su_i」は、愛知県の支援を受けてユーザー層を拡大した。

行政のみならず、さまざまな立場の方々が力を貸してくださっています。 プロトロンの戸谷氏はその典型だ。 周囲からカリスマ的人物と呼ばれる彼は、自宅を小さなバーに改造し、コミュニティにネットワーキングの機会を提供しました。 Toya の取り組みは非常に小さいように思えるかもしれませんが、コラボレーションの雰囲気を整えます。

12月13日に開催された「モビリティの価値多様化:陸から空へ」をテーマにしたイベントにて、プロドローン代表取締役社長戸谷俊介撮影。 写真出典: 36Kr 日本

彼との会話の中で 36Kr 日本戸谷氏は、愛知県は東京の経済力に比べて負のスパイラルが強い国内の「最大の村」を代表していると冗談を飛ばした。 戸谷さんは「中部地域の魅力の一つは、人と人との真の交流を通じてプロジェクトを進められること。みんなが積極的に手を貸してくれることが多い」と語った。

外国人起業家にとって、日本でネットワークを構築することは時には複雑なプロセスになることがあるが、中部地域はより多くの支援を提供することで状況を変えることを目指している。

駅i 愛知県の事業は、スタートアップ支援を目的とした大きな取り組みです。 国内外のスタートアップネットワークを繋ぎ、国際的なイノベーションハブの構築を目指す。 2024年10月に名古屋の昭和駅Iにオープンし、外国投資家や外資系大手企業の誘致が期待されています。 開県の前身として愛知県が設立された フロントステーションi 2020 年には、WeWork が名古屋駅近くのグローバル ゲートに開設され、スタートアップ企業にサービスを提供し、地元の大手企業とのオープン イノベーション コラボレーションを促進します。

Station Eye の概要を示す図。 グラフィックソース: 36Kr 日本

Station Ai やジェトロ愛知などの取り組みを活用して、UrbanChain は名古屋鉄道との概念実証を取得し、名古屋鉄道の監督下で複数の駐車場でのソリューションの導入を検討しました。 Benteco 氏によると、香港で適切なビジネスパートナーを見つけるのは簡単ではありません。 しかし、日本進出を決めたところ、多大な支援を受け、日本市場での事業は予想以上に順調に進みました。 ペンテゴフ氏は言語の壁を課題として挙げたが、ステーション・アイがこの点でサポートを提供してくれたことで、アーバンチェーンは「商談を通じて出張する」ことができた。

12月13日のイベント「モビリティの価値の多様化:陸から空へ」でのアーバンチェーンCEOスーザ・ファビオの写真。 写真出典: 36Kr 日本

ステーションAiは来年10月に本格稼働する予定で、外国投資家や外資系企業が内陸部への進出と拠点化を検討していることは注目に値する。 愛知県と中部地域は大きな変革期にあり、関心のある企業はこの道がどこに向かうのか注視すべきである。

READ  日本は来年国防費の上限を放棄する-日系