Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中華郵政は多言語ATMサービスを提供しています

台北、6月21日(CNA)中華郵政株式会社株式会社火曜日は、その日から、会社のサービスを外国人に拡大するための継続的な取り組みの一環として、4つの外国語がATMの運用に含まれることを発表しました。

その結果、台湾にあるChunghwa Postの3,190台のATMは、現金の引き出し、預金、支払い、送金、残高照会など、日本語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語のATMサービスを提供します。 中華郵政の関係者は記者会見で、台湾に住む外国人、特に移民労働者の増加に対応するためにアップグレードが導入されたと述べた。

労働省の統計によると、2021年末現在、台湾には約67万人の移民労働者がおり、そのうちインドネシアとベトナムからそれぞれ35%、タイ(8.5%)が続いている。

一方、スウェーデン移民管理局の統計によると、台湾には15,000人以上の日本人が住んでいます。

新たに中国語、英語、4つの外国語がATMに追加されたことで、外国語サービスの拡大により、台湾の外国人の80%が生活を楽にすることが期待されていると中華郵政は述べています。

READ  アフガニスタンを支援するイスラム諸国