Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

丸紅が北海事業のイサカエ​​ナジーへの売却を確認

日本の商社丸紅は、北海事業のイサカエ​​ナジーへの売却を確認した。

東京を拠点とする同社は声明のなかで、北海の子会社である丸紅ノースシーリミテッドの全株式をイサカに譲渡すると発表した。

イサカは今年初めに10億ドルで会社を買収することに同意したと報じられたが、イサカは当時「市場の憶測についてはコメントしていない」と述べた。

丸紅のノートはイサカエナジーのポートフォリオの概要を提供しましたが、売却の価値は開示していませんでした。

さらなるコメントのためにイサカに連絡がありました。

1月、丸紅は、Repsol Sinopec Resources UKが運営する北海のモントローズブロックの41.03%の株式を売却しようとしていたことが明らかになりました。

モントローズは、同名のアーブロース、アークライト、ブレチン、カイリー、グッドウィン、ショーなど、多くの産業の生産拠点です。

この行動は、出光興産や伊藤忠商事など、他の日本企業が流域から撤退した後に行われます。

また、JXニッポンに加わり、それぞれEquinorとTotalEnergiesが運営するこのセクターの最新の大規模油田とガス田の1つであるMarinerとCulzeanフィールドへの出資に15億ドルを求めています。

イサカは8月に、12億ドルの準備金貸付ファシリティを借り換え、「生産とプロジェクトに焦点を合わせた成長の野心を追求するために」6億2500万ドルの債券を発行したと発表しました。

同社は2021年上半期に1日あたり約56,000バレルの石油換算量を生産しました。

モントローズプラットフォームは、北海の真ん中にあるアバディーンの東約130マイルに位置しています。

あなたにお勧め

シャットダウンキャンペーンの「急増」に備えて北海を解体する

READ  ドルは東京で約109.70円まで下落