Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

丸紅・バーティカル・エアロスペースが日本でVTOLサービスを開始する予定

英国のスタートアップVerticalAerospace eVOTLは、日本の商業会社である丸紅と提携して、VA-X4電気垂直離陸機を日本に持ち込みました。 丸紅はまた、契約の一環として、最大200機の垂直電気航空機を購入する意向に署名しました。

バーティカルと丸紅は、日本でeVTOLを運用するための要件を共同で調査し、関心のあるパートナーを引き付け、ルートとネットワークの計画、インフラストラクチャと容量の要件などの問題について話し合うことに合意しました。 丸紅は、添付のメモの中で、eVTOLは、都市間、都市内、空港輸送、救命サービスなど、日本でさまざまな目的に役立つ可能性があるとの信念を表明しました。

立ち上げの時期についても言及された。丸紅は2025年にeVTOLの運用を開始する予定であると述べている。 その一部として、バーティカルは、2024年までにVA-X4の商業発売を可能にしたいという願望の夏に、合計1,000台の電気エアタクシーの予約注文をすでに受けていると述べました。

一方、同社によれば、現在、約54億米ドル相当の1,350モデルの予約があります。 関心のある企業は、アメリカン航空、ヴァージンアトランティック航空、アボロン、イベロジェット、ブリストー、そして最近では丸紅です。

英国は、商業化に向けて、垂直離陸機のEASA認証を「大型民間航空機と同じ基準」で目指しています。 同社はプレスリリースで航空機自体に関する情報をほとんど提供していません。 VA-X4はパイロットに加えて4人を乗せることができ、速度は200 mph(約320 km / h)を超え、航続距離は100マイル(約160 km)を超え、「低コスト」としか述べられていません。一人当たり」….乗客の傾向。」

2016年に立ち上げられたブリストルを拠点とするスタートアップの創設者は、Ovo EnergyのCEOであり、F1マノーレーシングチームの元オーナーであるStephenFitzpatrickです。 フィッツパトリックは、夏の迅速なIPOを目的としたSPAC契約を発表した後も、最大の株主であり続けています。

2018年の古いレポートで、CEOは、垂直離陸時にパイロットが複数の乗客を乗せて、短距離飛行を提供するという目標を挙げました。 同様の目標を持っているが、最初から自律型電子戦機に依存してきたほとんどの同業者とは異なり、Vertical Aerospaceは、機内で垂直離陸を実験することにより、規制と安全性の問題を回避できると考えています。 VA-X4の現在の広告では、パイロットに加えて4人が言及されているため、それは依然として教義です。

businesswire.com

-広告-

協力電池材料の連続生産のためのコペリオン技術。 一貫して高い製品品質を保証する信頼性の高いプロセステクノロジーソリューション:CoperionおよびCoperion K-Tron ZSK二軸スクリュー押出機、コンポーネント、重力フィーダーは、連続生産では取り扱いが難しい有毒物質用に特別に設計されています。
www.coperion.com

READ  2026年まで世界中の高純度アルミナ産業