Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

主要温暖化限界値1.5℃を1年間で違反するのは世界初

主要温暖化限界値1.5℃を1年間で違反するのは世界初

  • マーク・ポインティング著
  • BBCニュース気候特派員

画像ソース、 ゲッティイメージズ

欧州連合気候局によると、地球温暖化が年間を通じて初めて1.5℃を超えた。

世界の指導者らは2015年、長期的な気温上昇を摂氏1.5度に抑えるよう努めると約束したが、これは最も有害な影響を避けるために重要と考えられている。

この最初の 1 年にわたる違反は歴史的なパリ協定を破るわけではありませんが、長期的には世界がそれに近づくことになります。

科学者らは、炭素排出量を削減するための緊急行動によっても地球温暖化を遅らせることができると述べています。

「越えるには [1.5C of warming] 「年平均の気候変動は重要です」と英国気象協会の最高責任者であるリズ・ベントリー教授は言います。

「これはまた間違った方向への一歩だ。しかし、私たちは何をしなければならないか分かっている。」

人類が大量の化石燃料を燃やし始める前の、長期的な気温上昇を産業革命以前の水準から摂氏1.5度以内に抑えることは、気候変動に取り組む国際的な取り組みの主要な象徴となっている。

2018年の画期的な国連報告書では、極端な熱波、海面上昇、野生動物の減少などの気候変動によるリスクは、気温上昇が1.5℃の場合よりも2℃の場合の方がはるかに高くなる、と述べています。

しかし、欧州連合のコペルニクス気候変動局の昨年のデータが示すように、以下のグラフに示すように、気温は驚くべきペースで上昇し続けている。 2023 年 2 月から 2024 年 1 月までの期間で、1.52℃の温暖化に達しました。

この1年にわたる大躍進はそれほど驚くべきことではない。 1月は8ヶ月連続で暖かい月となった。

実際、ある科学団体バークレー・アースは、2023年暦年は産業革命前の水準より1.5℃以上上昇したと述べている。 NASAなど他の科学機関は、過去12カ月間の気温上昇を摂氏1.5度弱と推定している。

これらの小さな違いは主に、測定値がよりまばらだった 19 世紀後半の地球の気温の推定方法によるものです。

しかし、すべての主要なデータセットは、最近の温暖化の軌跡と、世界が現代の記録が始まって以来最も暑い時期を経験しており、それはさらに長く続く可能性が高いという点で一致しています。

世界の海面も、これまでに記録された最高の平均温度に達しました。これは、気候記録が大規模であることのもう一つの兆候です。 以下のグラフが示すように、海洋温度は通常、あと 1 か月ほどはピークにならないため、これは特に顕著です。

なぜこの1年で1.5℃を突破したのでしょうか?

長期的な地球温暖化傾向が人間の活動、特に二酸化炭素などの温室効果ガスを放出する化石燃料の燃焼によるものであることは疑いの余地がありません。 これは、過去 1 年間の暖かさの大部分の原因でもあります。

ここ数カ月間、エルニーニョとして知られる自然の気候温暖化現象により、通常は摂氏約 0.2 度しか上昇しないにもかかわらず、気温がさらに上昇しています。

地球の平均気温は、エルニーニョが発達し始めたほぼ 2023 年後半から毎日 1.5°C の温暖化を超え始め、これは 2024 年まで続きました。これは、図の破線の上にある赤い線の位置に示されています。以下のグラフ。

エルニーニョ現象は数カ月以内に終わると予想されており、これにより地球の気温は一時的に安定し、その後わずかに低下し、おそらく摂氏1.5度未満に戻る可能性がある。

しかし、人間の活動により、緊急の対策が講じられない限り、最終的には今後数十年間にわたって気温が上昇し続けることになります。

コペルニクスの副所長サマンサ・バージェス氏は、「温室効果ガスの排出量を急速に削減することが、地球の気温上昇を止める唯一の方法だ」と結論づけている。

それでも地球温暖化を抑えることはできるのでしょうか?

現在の排出率では、気温上昇を1年ではなく長期平均で1.5℃に抑えるというパリ協定の目標は、今後10年以内に達成される可能性がある。

これは非常に象徴的な出来事だが、研究者らは、これが気候の崖っぷちを示すものではないと述べている。

「これを超えると気候変動が制御できなくなるわけではない」と、画期的な2018年の国連報告書の主著者であるオックスフォード大学グレシャム大学のマイルズ・アレン教授は言う。

アレン教授はさらに、「温暖化が10度進むごとに、その前の度数よりも大きな被害が生じる」と付け加えた。

さらに0.5度(地球温暖化の1.5℃と2℃の差)も「転換点」を超えるリスクが大幅に増加します。

これらは気候システム内の閾値であり、これを超えると、急速な、おそらくは不可逆的な変化につながる可能性があります。

例えば、グリーンランドと西南極の氷床が転換点を超えた場合、その崩壊の可能性により、その後数世紀にわたって世界の海面が「壊滅的な」上昇を引き起こす可能性があるとベントレー教授は言う。

しかし、研究者らは、地球温暖化の進行において人間がまだ変化を起こすことができることを強調したいとしている。

これは、10年前には可能と考えられていた、今世紀中に4℃以上の気温上昇という最悪のシナリオのいくつかが、現在の政策や公約に基づいて実現可能性が大幅に低くなったということを意味する。

おそらく最も心強いのは、正味炭素排出量がゼロになれば、世界は多かれ少なかれ温暖化を止めると今でも信じられているということだ。 この 10 年間で排出量を効果的に半分に削減することが特に重要です。

「これは、社会として、そして惑星としての私たちの選択に基づいて、最終的に世界の温暖化の度合いを制御できることを意味します」と米国のグループ、バークレー・アースの気候科学者ジーク・ハウスファーザーは言う。

「死は避けられないものではない。」

グラフィックはエルワン・リヴォルによる。

READ  ウクライナ戦争:ロシアの攻撃の中、アヴディウカの民間人がしがみつく