Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

九州の住民は、日本がより多くの雨を警告するので、災害が発生することを望んでいます

村上さくらとジョセフ・キャンベル

日本のソーダ(ロイター)-日本は、特に九州南西部の島で、救助隊が地滑りで行方不明者を捜し、人々を継続的な雨にうんざりさせているので、大雨について警告した。

地元メディアによると、週末の大雨により道路が浸水し、地滑りが発生し、長野県と長崎県で4人が死亡した。

九州をはじめとする地域では、日曜日から降雨量は少ないものの、過去最高の降雨量を記録しました。 九州の小さな町、ソーダの住民は、ここ数日続いている雨の疲れについて話しました。

「洪水がどれほどひどいのか知っているので、とても心配でした」と、ペーストやジャムを販売する店を経営しているVadakabe Riojiさん(59歳)は言いました。

2017年に彼の店は浸水し、彼は彼の店を通り過ぎる川を詳しく調べました。

過去数日間、彼は「川を見ていると恐怖に震えた」と言った。 「しかし、私は悪い時代は終わったと思います。」

75歳の女性が、川沿いの山岳地帯にあるソーダで、日曜日の午後の前日に土砂崩れから救出されました。

地元住民の藤川秀樹氏は、雨は落ち着きがないと語った。

「夜、川の岩が川を転がり落ちるのが聞こえ、眠りにつくのはとても難しい」と藤川さん(70)は語った。

「雷のようだ」と彼は言った、そして泥だらけの茶色の水が彼の家の隣の川を速く流れ落ちた。

彼はしばしば川をチェックして水が高くなりすぎないことを確認しますが、まだ去る予定はありません。

「雨はそれほど激しくはありませんでしたが、それは何年も続きました」と彼は言いました。

彼は彼の安全が今のところ危険にさらされていないと思うと言った。

(村上さくらとジョセフ・キャンベルによる報告、トム・ホークによる編集)

READ  日本の銀行債務の伸びの鈍化は、COVID-19が現金危機を緩和することを示しています