Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

予防接種は子供たちを彼らの睡眠中に死なせません

Copyright AFP2017-2021。 全著作権所有。

ソーシャルメディアの投稿は、乳幼児突然死症候群(SIDS)に小児期の予防接種を関連付ける一連の不正確な主張をしています。 しかし、医療専門家は、ワクチンによって乳幼児突然死が引き起こされることはないと述べており、この証拠は、推奨される注射を受けた子供たちの乳幼児突然死症候群の発生率が低いことを示しています。

SIDSの医学的理解-一般的に睡眠中の、一見健康な乳児の突然死-は不完全なままです。 しかし 米国疾病管理予防センター(CDC) そしてその フィラデルフィア小児病院 研究によると、ワクチンはまれな症候群を引き起こさないことが示されています。

以下では、AFPファクトチェックがSIDSとワクチンに関するさまざまな主張を検証しています。

「フィデス」

2021年6月14日:「SIDSは常にVIDSでした」 Facebookでシェア 「乳幼児突然死症候群ワクチン」をまとめたツイートのスクリーンショット付き。

「乳幼児突然死症候群で健康な赤ちゃんを亡くした家族は誰もが知っています。医学的理由のない乳児の不思議な死です。今、周りを見回してください。ワクチン接種後すぐに亡くなる健康な成人は何人いますか。2+2 =?」と6月は言います。 13 つぶやき、SIDSによる死亡とCovid-19ショットに関連する死亡の疑いとの暗黙の比較。

AFPは、COVID-19ワクチンを死に結びつける多くの誤ったまたは誤解を招く主張を暴きました。

2021年6月30日に撮影されたツイートのスクリーンショット

しかし、小児ワクチンとCovid-19ワクチンは比較できません。

米国では 、 予防接種スケジュール 生後2〜4か月-赤ちゃんが 最も脆弱 乳幼児突然死症候群の場合-B型肝炎、ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオなどの病気を予防します。

対照的に、Covid-19ショットは、新しいコロナウイルスによって引き起こされる病気から保護し、 現在推奨されていません 12歳未満の子供向け。

メイヨークリニックそしてその チルドレンズナショナル そしてその アメリカ小児科学会 AAPは、子供に免疫を与えることは、SIDSのリスクを下げることにつながる可能性があると述べています。

レイチェル・ムン博士SIDSのAAPタスクフォースの議長を務めるM.は、SIDSと頻繁な小児ワクチン接種のハイリスク期間には重複があるものの、「複数の研究がこの関係を調べ、因果関係がないことを発見しました。それはタイミングの偶然であることを意味します。」

「ワクチン接種を受けてもSIDSのリスクが高まることはありません。実際、ワクチン接種を受けた子供はSIDSに感染する可能性が低いことが研究で示されています。これは、最近病気になった場合、突然の乳幼児突然死症候群になる可能性が高いためかもしれません。彼女は、ワクチン接種を受けた子供は、複数の理由で病気にかかる可能性が低いと付け加えました。

ロバート・ジェイコブソン博士メイヨークリニックの小児科医が承認しました。 「どちらかといえば、ワクチンを接種した乳幼児は、ワクチンを接種した乳児と比較して、乳幼児突然死の発生率が低い」と彼は述べた。

この減少はワクチン接種によるものではないかもしれませんが、「ワクチンのいずれかが実際に乳幼児突然死症候群のリスクを高めることを示すデータはありません」と彼は言いました。

コロナウイルスの制限へのリンク?

2020年に出回ったソーシャルメディアの投稿によると、Covid-19の蔓延を抑えることを目的とした対策によってワクチン接種が減少したため、SIDSの症例が減少したとのことです。

「パンデミックの多くの教訓の1つ:小児科医への予防接種の訪問が減り、睡眠中に不可解に死ぬ子供たちが大幅に減少しました。(SIDS / SUIDS)関連性がありますか?はい。そうでないふりをやめてください。」2020年7月20日 Facebookでシェア

2021年7月2日に撮影されたFacebook投稿の一部のスクリーンショット

Twitterの広報担当者は アカウント メッセージを共有した人は誰でも、「調整された悪意のある活動これには、誤った情報の拡散が含まれる可能性があります。

CDCの国立衛生統計センター(NCHS)の責任者であるRobert Andersonは、次のように述べています。 データ 2020年前半に乳児死亡率またはSIDS全般が「大幅に」低下したという証拠はありません。

実際、2019年の後半に終了するSIDSに起因する乳幼児突然死の年間数は、2020年の前半の数に等しく、出生10万人あたり34人未満です。

2021年7月1日に撮影された、国立衛生統計センターのWebサイトにあるSIDS死亡データのスクリーンショット

アンダーソン氏は、2020年のデータは「わずかに過小評価されている」可能性があると指摘しました。

欠陥のある「手動」

小児ワクチンとSIDSとの関連についての虚偽の主張はCovid-19よりずっと前からあります。

いくつか ソーシャルメディア 投稿 ワクチンが乳幼児突然死症候群を引き起こすという主張を支持するためにウィリアム・トーチ博士による研究を引用しましたが、1982年の研究は 挑戦 研究者によると、トーチ自身は、彼の研究から明確な結論を引き出すことは困難であると認めました。

2021年7月2日に撮影されたFacebook投稿の一部のスクリーンショット

a 大きなドロップ 前世紀の90年代の米国の事例では、「眠りに戻る‘、これは親に子供を安全に寝かせる方法を指示します。

親との共有部屋で、おもちゃや毛布などの他の物がないしっかりした表面に乳児を仰向けに置くことはすべての方法です リスクを軽減する SIDSから。

日本の小島嶼開発途上国

そうしないと 投稿 彼は、1994年に2歳未満の子供への予防接種を中止したことで日本を称賛し、乳児死亡率が96%低下したと主張しました。

2021年7月1日に撮影されたFacebook投稿のスクリーンショット

日本の子供たちは国際基準で健康であるのは事実ですが、世界で最もワクチン接種を受けている人口の1つでもあります。

日本語 テーブル ワクチンは米国のものと似ていますが、生後2〜4か月の子供に推奨される用量がいくつかあります。

日本の法律は実際には1994年に改正され、予防接種は厳格な法的義務ではなく市民の義務になりましたが、実際には、学校は申請時に子供の予防接種日を義務付けています。

ザ・ 法律 On Vaccinesは、すべての市民が、はしか、おたふく風邪、破傷風、破傷風などの「クラスAの病気」に対して「定期的な予防接種を受けるよう努めるべきである」と述べています。

子供に予防接種をしなかった場合の罰金はありませんが、予防接種率は非常に高く、特定の病気のために人口の100%に達することがよくあります。 日本の厚生労働省

データ 日本のSIDS率は、法改正後の1995年頃に実際に回復したが、その後は低下したことを示した。

READ  オレゴン州は、COVID-19に関連するもう1人の死亡と、毎週の数が減少するにつれて808人の新しい症例を報告しました