Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

井上選手は日本最強の格闘家だ

井上選手は日本最強の格闘家だ

東京 – 日本ボクシング史上最大と言われるイベントを前に、国際ボクシング界の著名な歴史家ジョー・コイズミ氏が井上尚弥を日本最高のボクサーと評価した。

小泉氏は 1960 年代に初めて『ザ・リング』の執筆を開始し、17 歳でボクシング百科事典となり、2008 年にカナストータに記録しました。

小泉は1965年に日本ボクシング協会から初めてコーナーのライセンスを取得し、多くのチャンピオンをアシストした。 彼は仲人としても働き、150回以上の世界タイトル戦に携わっており、あらゆるものを見てきた結果、井上は祖国がこれまで輩出してきた中で最高の選手であると考えている。

ここにジョー・コイズミの日本からのベスト戦士5人を紹介する。

  1. 渡辺二郎 – 26勝2敗(17KO)

サウスポーは1979年にデビューしたが、1986年にジルベルト・ローマンにWBCスーパーフライ級タイトルを失い、その日は終わった。 プロで11試合を戦った後、渡辺は韓国での15ラウンドにわたる世界タイトル(WBC)への初挑戦でキム・チョルホに僅差の判定で敗れたが、5試合後パナマのラファエル・ペドロサを破ってWBAの王座に就いた。 WBC。 彼は5試合を経てWBAのベルトを獲得したが、ローマの敗戦は5年ぶりのことだった。

小泉は「非常に優れたサウスポーのカウンターパンチャーで、実際にはWBC/WBA統一王者であり、バヤオ・プンダラムを2度破っている」と述べた。

  1. 柴田邦幸 – 47勝6敗3分(25KO)

3連勝後の1977年に引退した柴田は、いくつかの大きな試合を経験した2階級世界チャンピオンだった。 1970年12月、彼はティファナへ行き、後に殿堂入り選手となるビンセント・サルディバールを破ってWBCフェザー級タイトルを獲得したが、1年後にクレメンテ・サンチェスに敗れた。

しかし、彼は体重を上げてスーパーフェザー級でベン・ビラフロールを破ってWBAのベルトを獲得したが、7か月後の再戦で降板し中止となった。 彼はひるむことなく、日本でメキシコのリカルド・アレドンドを15ラウンドで破り、WBCスーパーフェザー級のベルトを獲得した。

小泉は「ビセンテ・サルディバルとベン・ビジャフロルを破って海外で世界ベルトを獲得したのは誰か」と言及。

  1. 櫛堅陽子 – 23勝1敗(15KO)

彼が7年間のキャリアの中で負けたのは一度だけで、それは最後の戦いで、すでに倒しているペドロ・フローレス戦だった。 サウスポーのクシケンは、WBAライトフライ級チャンピオンとして最も長く在位し、5年近くタイトルを保持し、13回の防衛を果たした。

彼は有名なパンターでしたが、25歳で引退しました。

  1. 原田戦 55勝7敗(22KO)

多くの人にとって、原田雅彦はこのリストのトップになるか、フライ級やバンタム級でタイトルを獲得しただろう。

若干19歳の彼は、1962年にボーン・キングパッチから初の世界タイトルを獲得したが、その3か月後にまた負け、その後もキャリアを通してベストの戦いを続け、エダー・ジョフレを2度破り、アラン・ラトキンを破り、ホセに以前の負けをリベンジした。 。 バンタム級の王座を獲得するためのメダル。

彼はオーストラリアのライオネル・ローズにベルトを失い、ジョニー・ファムコンのフェザー級タイトルへの2度の挑戦に失敗して棄権した。

原田の功績は特に特別である。なぜなら、原田には 10 階級しかなく、各階級でチャンピオンが一人しかいない中、彼は 2 階級でタイトルを獲得したからだ。

1. 井上尚弥 – 26勝0敗(23KO)

31歳の「モンスター」はおそらく今日のスポーツ界で最高のファイターであり、今も信じられないような偉業を積み上げている。 現スーパーバンタム級チャンピオンは、今夜東京ドームでメキシコのルイス・ネリとの戦いに向けて、第2階級の4つのベルトをすべて固めた。 井上は4つの異なる階級でタイトルを獲得しており、126階級での勝利は避けられないと考える人もいる。

READ  ラグビー:日本がサモアに14人負けの残念な結果