Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

亡くなったスリランカの囚人の家族は、日本政府に謝罪する必要があります

Ratnayake Liyanage Vishma Chandamaliファイルの写真は、2021年5月にナコヤで彼女の葬式で展示された彼女の写真を示しています。 (京都)

昨年、中央日本の入国管理センターで拘留中に死亡したスリランカの女性の家族は、政府に対する訴訟で水曜日に政府に謝罪した。

Ratnayake Liyanage Vishma Chandamaliの家族は、適切な医療を受けずに拘留され、死亡したとされる1億5600万円(117万ドル)の損害賠償を求めて3月に訴訟を起こした。

名古屋地方裁判所での最初の公聴会で、ヴィシュマの妹のワイオミは、「日本政府に謝罪し、その責任を受け入れてほしい」と述べた。

「日本は移民制度を変える必要がある。日本が人間を尊重する国になることを願っている」と彼は付け加えた。

ヴィシュマさんは昨年3月6日、名古屋出入国在宅局で腹痛などの症状で13歳で1月中旬に亡くなりました。

家族の法務委員会は、「遺族には真実を知る権利があり、裁判官にはそれを知る義務がある」と述べ、ヴィシュマの拘留のすべての防犯カメラ映像を公開するよう政府に要請した。

「なぜ彼女が死ぬことを余儀なくされたのか知りたい」と別の姉妹、プルニマは言った。

日本政府は、移民当局の対応がヴィシュマの死につながったかどうかに焦点を当てる事件と戦うことをすでに示している。

彼女の健康状態が悪化しているにもかかわらず、彼女の家族は、政府が彼女にスリランカに戻るよう圧力をかけるために彼女の一時的な釈放を許可することを拒否したために彼女の死が来たと言います。

彼らは、ヴィシュマが飢えていることを示す尿検査にもかかわらず、入国管理局はヴィシュマに適切な医療を提供せず、彼の脈拍が検出された彼の死の日まで緊急サービスは要求されなかったと主張している。

彼らはまた、リーン・ヴィシュマが病院の精神科病棟に連れて行かれたという事実に疑問を投げかけています。

家族はヴィシュマの剖検結果の公表を求め、当時の入国管理局長やヴィシュマが亡くなる直前に診察した医師などの目撃者による調査を検討している。

ヴィシュマは2017年に日本語を勉強するために学生ビザで来日しましたが、入国管理局に拒否されたため、ビザの有効期限が切れました。

彼の不法移民の地位は、彼が家庭内暴力のために静岡県で警察の保護を求めた後、2020年8月に発見されました。 その後、彼は国外追放のためにナコヤ入国管理センターに送られました。

日本の入国管理局の調査によると、入国管理センターのスタッフは緊急事態に対処することに「気づいていなかった」が、彼の死の正確な原因は特定できなかった。

彼の家族は昨年11月に入国管理センターの高官に対して検察官に適切な医療を提供できなかったとして刑事告訴を行った。

写真は、2022年6月8日に名古屋の名古屋地方裁判所で入国管理センターで拘留中に亡くなったスリランカの女性の家族を示しています。 (京都)


関連する報道:

日本政府は、亡くなったスリランカ人の親戚が起こした訴訟と戦う準備ができています

注意:スリランカの死者数は日本入国管理センターで無視されました

スリランカ人が拘留中に亡くなってから1年後の記念イベント


READ  高齢者の日本は自動運転車のルールを強化し、地方の動きを監視しています