Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

亡くなったスリランカ人の親戚は彼らに日本の移民の責任を取るように促している



ラトナヤケ・リヤナゲ・ヴィシュマ・チャンダマリの妹のワイオミは、2021年9月23日、東京近郊の成田空港で記者団に語った。

東京(JIO)-日本の拘置所で虐待を受けて3月に亡くなったスリランカの女性の姉妹は、彼女の兄弟の死の責任を受け入れるよう入国管理局に要請しました。

33歳のRatnayakeLiyanage Vishma Chandamaliの家族は、入国管理局が最終日の2週間分の防犯カメラの映像を公開し、死因を明らかにするよう要求しましたが、彼らの要求は満たされていません。

「私は一時的に(私の国に)帰国するが、あきらめたからではない。入国管理局は彼らの責任を受け入れ、同じ状況が他の外国人に再び起こらないようにしなければならない」とワイオミの妹、ワイオミ、29歳は成田の記者団に語った。木曜日に東京近郊の空港。

ワイオミ氏は、中部日本の名古屋入国管理局で姉がどのように扱われたかを示す2時間の改訂版の映像の半分を見て、日本を離れることを決めたと述べた。

彼は、スリランカでの母親の健康状態の悪化を懸念していると述べた。 ヴィシュマの他の妹プルニマは日本にいて、映像を完全に公開するように会社に促し続けます。

日本の入国管理局は当初、治安上の懸念を理由に家族に映像を公開することを拒否しましたが、一般の批判を受けて家族は映像の短いバージョンを見ることができました。

火曜日に東京で行われた記者会見で、ワイオミ氏は、映像を見てショックを受け、妹の苦しみと入国管理局の厳しい態度を毎日思い出させたと語った。

WyomiとPurnimaは、Vishmaの最後の日の映像を見たときに、入国管理局が弁護士の出席を許可するよう要求しています。

記者会見に出席した同家の弁護士、いぶづき正石氏は、「入国管理局による不正な扱い」により、ヴィシュマ氏の家族の要求に応じることを拒否したため、ワイオミ氏は日本を離れたと語った。

ワイオミ氏は、入国管理局は姉の死に対する「責任を回避している」と述べ、姉に起こったことを防ぐために映像を公開するよう求めた。

8月、日本の入国管理局は、ヴィシュマが虐待され、名古屋の拘置所が健康状態が悪化したにもかかわらず適切な医療を提供できなかったことを認めました。

死因審問で外来患者の治療と診察を求めたが、施設独自の規則に違反し、事務職員に伝えられなかった。

8月に発表されたビシュマの死に関する当局の最終報告によると、ある入国管理官は飲み物を飲み込めなかったとして彼女をからかったと言われ、他の人は彼女の不満が誇張されていると思った。

2020年8月、ビザをオーバーステイしたため、ヴィシュマは名古屋の施設に連れて行かれました。 彼女は1月中旬から腹痛やその他の症状を訴え、病院での治療のために一時的な釈放を申請したが、却下された。

ヴィシュマの家族と支持者によって7月に開始されたオンライン請願書は、金曜日の朝の時点で80,000の署名を受け取り、政府に完全なビデオ映像を公開するよう促しました。

READ  日本のデルタフラストレーション