Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

京セラが新しいスマートファクトリーの建設用地を日本で取得

京セラが新しいスマートファクトリーの建設用地を日本で取得

京セラ株式会社 は、長崎県石屋市の南いしゃや工業団地にある新しいスマート工場用に約 37 エーカーの土地を購入することで合意したと発表しました。

国内外の既存工場への再投資を進めている京セラは、市場の需要拡大に伴い生産能力の増強が必要になると判断し、2022年12月に新工場の建設を決定した。 土地購入契約には、2023 年 10 月に建設が開始される約 14 エーカーの開発用地と、京セラが 2024 年に取得する予定の 23 エーカーの別の開発用地が含まれています。

エレクトロニクス業界では、小型化や半導体技術の発展、スマートフォンなどの通信機器の高機能化、5G基地局やデータセンターの拡大、自動車の新技術の普及などに伴い、今後も部品需要が拡大すると予想されます。 ADAS(ADS)、先進運転支援)、EV(電気自動車)技術を含む。

この需要に応えるため、京セラは、半導体関連用途に使用される精密セラミック部品や半導体パッケージを生産する新工場の設計を進めており、2026年の生産開始を目指しています。

京セラは今後も、長崎県の経済活性化と新たな雇用機会の創出を通じて、地域社会に貢献する事業を展開していきます。

新工場の概要

  • 名前: 京セラ株式会社長崎諫早工場(仮)
  • 場所:長崎県芦屋市小栗郡南いちゃや工業団地
  • 総投資額: 2028 年までの計画に基づくと、約 4 億 6,600 万ドル
  • 総面積:約 37エーカー
  • フットプリントの構造: 149,618フィート2、鉄骨造6階建て1棟
  • 床面積: 838,509フィート2
  • 建設スケジュール: 建設開始: 2023; フルビルド: 2025; 製造開始:2026年
  • 製品:精密セラミック部品、半導体パッケージなど
  • 生産計画: 2028 年まで推定年間約 1 億 8,800 万ドル

global.kyocera.com

READ  WhatsApp では、ユーザーが引き続きメッセージを非表示にできるようになりましたが、送信者はそれを知っており、ノーと言うことができます科学技術ニュース