Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

人々がマスクなしの時代に戻る中、パンデミック後の日本で「スマイル」トレーニングがブーム | 世界のニュース

人々がマスクなしの時代に戻る中、パンデミック後の日本で「スマイル」トレーニングがブーム | 世界のニュース

多くの広範な影響の中でも、新型コロナウイルス感染症パンデミックの影響は、ウイルスの蔓延を制御するために実施された長期にわたるロックダウンと広範な社会的距離措置の結果、より孤独な世界を生み出しました。 パンデミックのもう一つの永続的な影響は、パンデミック後の日本でも見られ、マスクのない時代に人々は「笑顔を忘れた」ようです。

金曜日、東京の銀座商店街の横断歩道を歩く人々(AP通信)

同国は、ウイルスが世界を席巻してから約3年が経過した3月にマスク着用義務を緩和した。 しかし、多くの日本人が笑顔の作り方に関するワークショップやセミナーに参加していると伝えられており、日本人は新たな問題に直面していることに気づいた。

精神的苦痛から回復するこの方法は、高齢者の間で人気があります。 79歳の滝沢明子さんは、パンデミック下で人々に会う機会が限られていることが彼の危機の原因であると語った、とインデペンデント紙が伝えた。 「…コロナ禍で人と会う機会が減り、笑顔も見せられなかった」と話した。

こうしたワークショップを主催する団体「笑顔育」によれば、マスク着用が義務付けられている中でも参加者はいたが、参加者数は昨年と比べて「4.5倍」だったと付け加えた。

もう一人の出席者、宮本京子氏は、ポストマスク時代が人々の間に「恐怖と恥辱」を引き起こしていると考えている。 「しばらくして誰かがマスクを外すと、下半分が非常に予測不能になることがあります」と74歳の男性は語った。

この暴露は、政府の調査によると、150万人近くの日本人が社会的に孤立した状況で暮らしていると報告されたこの島国での以前の現象に続くものである。 4月初旬、国内の労働年齢層の間で「ひきこもり」あるいは「ロックダウン」と呼ばれる現象が急速に広がっていると報じられた。

READ  軍の調査で、アメリカ人隊員が日本での救急医療を「日常的に拒否されていた」ことが判明